ストレングスファインダーのセミナー後の懇親会に行ってきましたー!

懇親会に垣間見える資質

まさか懇親会だけの参加?

そうそう、懇親会だけ(笑)

ストレングスコーチの塙さんがセミナー講師として大阪に来ていて、そのアシスタントとして妻が参加してたので、僕も終わった後の懇親会に参加させていただきました!

ちゃんと混ざれたの?

ちゃんと混ざれたよー。
僕はストレングスファインダーの8位に社交性が入ってるから、いきなりこういう場に入っていくのは全然苦痛じゃないタイプなのだ。

ストレングスファインダーでは人が持つ強み弱みを34個の資質に分類するんだけど、その資質を見ればその人がどんなタイプか想像つくし、資質を見ながらその人のタイプについて話をするのもめっちゃ楽しい!

ストレングスファインダーの資質の会話ってそんな盛り上がるの?

そりゃ盛り上がるよー!

「自分ってこんなタイプかなー」って思ってても、それを言葉にするのって難しいでしょ?でも34分類という共通言語があると、自分のことを説明しやすくなったり、他の人の資質を理解しやすくなってすごく嬉しくなるのよ。

…って言っても、ボヤっとした説明でよく分かんないよね。

分かりやすいように、例を出してみるね

面接などで「あなたはどんな人ですか?」って質問されたらなんて答える?

・粘り強いです ⇔ 飽き性です
・学ぶのが好き ⇔ 学ぶのが嫌い
・情報分析が得意 ⇔ 情報収集が得意
・人の顔色が気になる ⇔ 気にならない

などなど、人によって表現も違えば、内容も違う。しかもいい点しか言わない。
「私は粘り強い」とは言っても、「私は飽き性だ」っていう人はなかなかいないよね。

こうした説明を、34個の資質で説明したらどうなるか?見てみよう!




スポンサーリンク
共通言語による強み・弱みの説明

僕という人間の強みをストレングスファインダーで説明

「私の上位資質は最上志向、学習欲、競争性、戦略思考、達成欲」です。と言うだけで、周りの人は僕のことをこう理解できる。

>「この人は1番を取るのが大好きで、そのためにはものすごく勉強をするし、その目標の達成のためには努力を惜しまないし、目標を達成したとしてもさらに上を目指していく、戦略的思考に長けたタイプだ」

>「ややもすると、その努力や達成レベルを他人にまで要求してしまう性質を持っているから注意!」ということも分かる。

同じく僕の弱みをストレングスファインダーで説明

「下から5つの資質は回復志向、調和性、適応性、慎重さ、共感性」です。と言うだけで、周りの人は僕のことをこう理解できる。

>「この人はトラブル解決や突然の変化に対応することが苦手だ」

>「慎重さに欠けている。また人の感情を汲み取る力は弱い」

>「議論で人に合わせず自分の意見を主張するタイプ、よく言えば流されないタイプ」

僕の人間像、どうだったでしょうか?

僕のことを知っている人も知らない人も、僕の上位・下位の資質から説明した僕の人間像がなんとなく見えてきた感じがしませんか?

もう僕は自分で書いてて、「ああ、まさにそうだわ…」と感じまくりです。

ほんと会社の人とか周りの人にもやってもらいたい!
いつかこの34の資質が世界の共通言語になりますように…

自分の知りたい方は、以下の本がオススメ。資質TOP5まで出せるアクセスコードが付いてます!

参考:4分類34資質

また別途それぞれの内容については書いていきたいと思います!

実行力の強み 影響力の強み 人間関係構築力
の強み
戦略的思考力
の強み
アレンジ 活発性 運命思考 学習欲
回復思考 競争性 共感性 原点思考
規律性 コミュニケーション 個別化 収集心
公平性 最上志向 親密性 戦略性
慎重さ 自我 成長促進 着想
信念 自己確信 調和性 内省
責任感 社交性 適応性 分析思考
達成欲 指令性 包含 未来志向
目標志向 ポジティブ
スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら