歯医者さんって、ちょっとずつしか治療しないし、引き伸ばしてるんじゃないか?って思って敬遠しちゃうよね。

歯医者に行ったキッカケ

歯医者って、普通に生活してるとなかなか行かないよね。

僕が今回歯医者を訪れたきっかけは、上の親知らずが生えてきたこと。

歯医者を好きな人なんてあんまりいないと思うけど、僕ももちろん歯医者嫌い。

親知らずが生えてきてたのは分かってたけど、歯医者に行くのを引っ張って引っ張って、ようやく覚悟を決めて行ったのです。

その時も、まあ適当に麻酔してサクッと抜いてくれればいいやと軽い気持ちで歯医者を訪れたんだけど、まさかあんな展開になるとは!!!!

恐るべき展開

歯医者って初診だと、まずはレントゲン撮るじゃん。その時に、「おいおい、なんかヤバいぞ」と。

歯医者さん「ここと、ここと、ここと、ここと……ここが虫歯です」

いったいいくつ虫歯あるんだよ・・・

いや、ほんとお恥ずかしい。でも聞いてくれる?

僕ちゃんと歯磨きは朝昼晩の3回どころか、朝昼晩晩(夕食後&寝る前)の4回やってるし!
全然歯も痛くないし!
見た目虫歯らしきものはないし!

この時点でも、僕はまだ歯医者さんを全く信用してなくて、「虫歯よりも先に親知らず抜いてくれます?」とか言ってた。

で、親知らず抜いてもらったら、次の予約を入れはするけど、もう行かなくてもいいやと思ってた。それだけ、『歯医者さんはわざと治療を長引かせる、嫌な存在』と決めつけてた。

でも、今回の一件で歯医者さんへの見方が完全に変わったんだよね。




スポンサーリンク
百聞は一見に如かず

何が歯医者さんへの見方を変えさせたのか?

歯医者さんは結局親知らずを後回しにして、他の虫歯を治療し始めたんだよね。で、レントゲンを見ながら「銀歯の下が虫歯になってる」と指摘。

この時点でもまだ「銀歯の下?そんなのありえるの?」と思ってる僕。

しかし、歯医者さんが僕の銀歯を外した瞬間、衝撃の光景が!

銀歯の下、ほんとやばかったっす…

3つほど並んでた銀歯を外したんだけど、その下は全部真っ黒。。。

歯医者さんも「これで痛みがなかったのが信じられない」とか「神経ギリギリまでやられてますよ」とか言ってる。

この真っ黒な歯を自分で見るまでは、何を言われても「はいはい、そうですか」と受け流していたんだよね。

でもこの瞬間から、「虫歯見つけてくれてありがとうございます。やっぱ歯医者さんすげえわ。話聞かなくてごめんなさい」に変わった。

それだけ衝撃的な映像でしたわ。。。

ほんとそう。そっからはもう僕は大人しいもんでしたよ。

で、治療が完全に終わるまで2ヶ月以上。相当やばい虫歯だったんだなと思う。本当に気がついてよかった。。。

てか銀歯の下は死角だったわ。自分では絶対に気づけない!あれは反則っしょ…

まとめ

早期発見には至らなかったものの、虫歯が神経に到達する前に食い止められたのは本当によかった。

でもまさか、銀歯の下がここまで浸食されてるとは夢にも思わなかった。。。

で、これは僕だけの話じゃなく、しばらく歯医者さんに行ってない皆さんにも当てはまる話かもしれません。

半年に一度くらいのタイミングで、チェックのために歯医者行っといた方がいいよ!

大丈夫そうに見えてるみんなの銀歯の下、ヤバいかもよ!

あーもう、人間もサメみたいに歯がバンバン生え代わってくれたらいいのにな。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら