年齢を重ねるごとに、体がどんどん悪いモノを拒絶してくるようになりました…

体に悪いもの

僕が昔は大丈夫だったのに、今はダメなもの。それは、

・お酒

・タバコ

ほんと、こいつらが体の中に入ってくると、一瞬で体調が悪くなります。

お酒

大学生の時は、しこたま飲んでた気がします。

確かにそんなに強くはない方ですが、とにかく飲んで飲ませて飲ませて飲んで…

そんな無茶飲みをよくしていました。

ところが、ある出来事を境に禁酒をします。

それは、会社の飲み会でバカ飲みした帰りのこと。

ほんとフラッフラなのに、乗り換え電車が発車しそうという事で急ぎ足に。

そして階段に差しかかったときに悲劇が!!!

階段から転げ落ちて、左足のじん帯をやってしまったのです。

その時はベロベロで、周りの人の呼びかけにも「いや、大丈夫っすから」とか言って歩いて帰ったんだけど、翌朝起きたらビックリ!

左足首がめちゃめちゃ紫で、2倍くらいになってるやんけ!!!

もう歩けないどころか足を地面につけることも出来なくて、妻に会社を休んでもらって病院に連れて行ってもらい、そのまま1ヶ月間の松葉杖生活に。

みなに迷惑をかけ、ひどく反省し、2年ほど禁酒をしたのです。

そして禁酒明けでビールを飲んだ時、一杯どころか数口飲んだだけで激しい頭痛が…

その後何度チャレンジするも、飲んだ瞬間から頭痛。

それでも頑張って飲むと、ジョッキ3杯で確実に次の朝は吐くところからスタート。

もう酒飲むのがアホらしくなって、飲むのやめちゃいました。

飲むのやめると、次の効果が!

・二日酔いが無くなる!

・電車の乗り過ごしが無くなる!

乗り過ごしはともかく、二日酔いが無くなるって素晴らしい!

てなわけで、僕はお酒を飲まなくなったのです。

タバコ

タバコは大学生の時、飲み会の時と麻雀の時はよく吸ってました。

でもめっちゃ吸いたかったわけじゃなくて、単なるカッコつけ。

結婚して、妻が長男を妊娠したのを機にスパッとやめちゃいました。

でもたまに飲み会とかで「1本吸う?」とか言われて調子乗って吸っちゃうと、もう肺が痛くなっちゃって大変。

雀荘でもタバコがモクモクしてるとこに行くと、その後数日間はノドだけじゃなくて、なんか全般的に調子悪くなっちゃって最悪。もう禁煙雀荘しか行けないね。

もう誰にすすめられても絶対に吸わないし、タバコがあるとこにも行かない、クリーン男子になったわけです。




スポンサーリンク

そして第3の刺客登場

今までは、お酒とタバコが僕の体にとって2大害悪だったのですが、ついに第3の刺客が忍び寄ってきました。

それは…油。

これはお酒とタバコと違って、老化の始まりじゃないかとちょっとショック。

揚げ物大好き

僕はフライドポテトとかポテトチップスとか唐揚げとか、いまだにめちゃんこ好き。

同年代の友人が「やっぱ刺身が上手くなってきたよなー」とか言ってると、「マジか!俺はまだいける!」とか思ってた。

でも、数年前からついに僕の胃が油に屈する時が忍び寄って来ていたのです…

思い起こせば、結構油でやられてる

ラーメンで背油多め、コッテリを食したら、帰っている最中から具合悪くなり、家で吐く

昼食に唐揚定食を食べたら急激に気持ち悪くなり、帰り道に駅のトイレで吐く

そして昨日、息子とポテトチップス食べたらひどい吐き気と頭痛が。寝ても治らず、結局吐いたら落ち着く

実のところ、今までは何度繰り返しても、僕は「油でやられたんじゃなくて、食い過ぎだ」と思ってたわけです。

でも、昨日ポテトチップスでやられた時、「ああ、これは間違いなく油だわ」とついに悟ったのです。

お酒やタバコ同様、一度決めたら結構長く続けるので、もう数年はポテトチップスを食べないかもしれません。

しっかしショックだわー。

若いみんな!年取ると油もん食えなくなるってのは本当だったよ…




スポンサーリンク
まとめ

神様、なんで僕からそんなに色んなものを奪うのですか(笑)

でも体が拒絶反応を示すということは、本当に体が嫌がってるということ!

イヤよイヤよも好きのうち、ではないらしい。

僕の場合は気持ち悪いだけじゃなくて、頭痛を伴うからタチが悪い…

でもその結果、体に悪いことを避け続けてるから、健康診断結果はほとんどA。

お医者さんに「この歳でAが並んでる人はなかなかいませんよ」って言われたよ!

みんなも、体に悪いことはトコトン避け続けて健康になろう!

関連記事

・40歳を迎えて思う、いつまでも若くいるための秘訣とは

・おなか周りが気になるあなたへ。飲み物変えるだけで少し痩せるかもよ

・オトコの悩みを吹っ飛ばす!髪に効く薬の体験レポート

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら