最近子育てについての悩みをここで書いてるんだけど、「この本いいよ」って勧められたのが『子育てハッピーアドバイス』。

…って僕もその本持ってるやないかーい!!!

ほらほら!しかも、1冊だけじゃなくて、1巻~3巻+パパ用の4冊も!

happyadvice

子育てハッピーアドバイス

この本は、大体幼児~小学生低学年向けの、物心つきはじめた子供を持つ親に対する内容が中心。

見開きで右に×な例、左に〇な例がマンガで描かれてるんだけど、結構な割合で親が目をつりあがらせてガミガミ言ってる絵が出てきます。

立ち読みして、「まさにウチもそうだ!」と感動してまとめ買いしたのでした。


読んだ時は感動

ほんと、読むと当てはまってる項目が多すぎて、もういつもの行動を反省しまくるんだよね。

僕は感動しすぎて「この本バイブルにするわ!」とか言ってたんだよね。

でも、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、すぐ繰り返しちゃう。

ほんと親という生き物は、学習しませんなあ…

今回紹介してもらって、そんな気持ちを思い出しながら、もう一回全部読み直してしまったよ。

今日読み直してみて、そんな超感動のバイブルの中でも、激しく共感したところを2点ほど紹介してみようかな。




スポンサーリンク
Q.キレない子に育てるにはどのようなことに気をつけたらいいですか
A.キレない親になること

このページが、一番自覚があって、ドキッとしたページだった。

『自分に都合の悪いことが起きたときや注意をされたときに親がキレることを繰り返していると、子どもが「こういうときにはキレていいんだ」と学習する!』

どひゃー!やばいやばい!僕は瞬間湯沸かし器的に感情的にキレてしまうから、上の子はよくキレるのかなー。絶対そうだよなー。

このキレを抑えるにはどうすればいいですかね?

Q.ってはいけないと思うのですが、子どもを目の前にすると叱ってしまいます
A.いったんあきらめてみることも大切です。

『ムカッときたらあきらめスイッチをONにしましょう。』

『子どもなんだから言ったこと全部できるわけないじゃん』

『出来なくても、まあいいじゃん!無理にやらせなくてもいいんだよ。』

結局のところ、親が肩の力を抜くと親が楽になり、親が楽になると子どもも楽になるってことだよね。

僕は結構「アレもやって、コレもやって」って思っちゃう派なので、これは結構ヤバいやつだ!

ちなみに、僕は子供に対してはだいぶあきらめ力がついてきたと思うんだけど、妻の仕事に対しては「アレもコレも」って言っちゃってヤバさを自覚。

まあ妻はだいぶスルーしてますけど(笑)

最後にパパ向けの子育てハッピーアドバイスにも触れとこ。




スポンサーリンク
パパのための子育てハッピーアドバイス

実はこのパパ向けの本は、父親がどう子育てに絡むかについては半分くらいしか書いてない。

残りの半分は、奥さんとどう接するかばっか書いてある(笑)

奥さんとの接し方

『家事を役割分担しましょう』

『ありがとう、美味しいって言いましょう』

『男と女では話をする目的が違うことを知りましょう』

『妻の話には、黙らず、リアクションしましょう』

『解決策を出すより、共感しましょう』

『どんなに仕事が辛くても、自殺はやめましょう』

…って、妻との関係改善アドバイスやないかーい!!!

最後のはちょっと重すぎやないかーい!!!

でも、100%子育てにダイレクトにかかわるより、奥さんを支える方がもっと大事なんだろうね。

これは女性の方が、分かるーって感じかもね。

まとめ

この本ね、読んでると何回も何回も同じような内容が出てくるわけですよ。

で、何だよー、またかよーとか思うんだよね。

だけど実際に子育てしてると、何度も何度も同じような場面に直面して、何度も何度もおんなじ後悔して。

もうほんと、毎朝起きた後と寝る前に1ページずつ読んで、毎日少しずつでも触れるようにしちゃおうかな。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら