先日家に帰ると、妻が何やらニコニコ。「これ見て!」と指をさした先を見ると、なんとリビングの収納棚が生まれ変わっていたのです!!!

ライフオーガナイザーによる収納リニューアル

話を聞いてみると、ライフオーガナイザー加藤文代さんに家に来てもらい、彼女の指導のもとで収納棚をリニューアルさせたとのこと。

ライフオーガナイザーってどんな仕事?

『Organize(オーガナイズ)』を辞書でひくと、『組織する、計画準備する、体系づける、まとめる、結成する』といった意味が出てきますが、アメリカのプロフェッショナル・オーガナイザーの仕事における『オーガナイズ』とは、住居・生活・仕事・人生等あらゆるコト、モノを効果的に準備・計画・整理し整えることという意味で使われています。

日本ライフオーガナイザー協会HPより一部抜粋

劇的!ビフォーアフター!

この収納棚のビフォーアフターを皆さんに見てもらおうかな。

残念なビフォー…

まずは写真をご覧ください。ドンッ!

・1番上に人生ゲームなどの子供のオモチャ

・上から2段目には書籍+吊下げスペースにラップ

・上から3段目にはティファール、ミキサーなどのキッチングッズと書籍

・上から4段目にはパソコン、充電器類

・一番下は使わないものを入れるBOX

を置くという構成になっていましたが、雑然としすぎてカオス。

しかもついつい書類まで平置きしちゃっていて、もう完全に物置状態。

キャー恥ずかしー!

だがしかし!
ライフオーガナイザーの力はこんな雑然とした状態など、ものともしないのだ!




スポンサーリンク
そして感動のアフター!!!

なんということでしょう!

◆1番上にあった子供のオモチャが一番下に。
今までは親に頼まないと取れなかった次男(5歳)のオモチャ。
このレイアウトになってから、自分で取って遊べるようになりました。

このレイアウトを決める際に、加藤さんから妻に「お子さん、このゲームで遊んでるんですよね?」との確認があったそうで。
言われてみると納得なんだけど、全然頭が回らなかったな。

◆逆に1番下にあった物置BOXを1番上に。
何となくいらなそうだけど捨てられないものは今まで1番下にある物置BOXに突っ込んでしまっていましたが、今回その物置BOXを一番上に!
確かに、大して使わない物置を手の届くところに置いておく必要はないよね。

◆本とキッチングッズの混在をやめ、きちんと分類
今まで混在していたキッチングッズと書籍、2段目と3段目にキレイに分けました。
それだけでめっちゃキレイに見える!すごい!

◆パソコンはタテ置き収納
今まで平積みしていた2台のノートパソコンとタブレット。非常に場所を取ってました。
今回、書籍に利用していた100均の本立てをこちらに流用し、パソコンをタテに置けるように変更。
めっちゃスペースが出来ました!ちょっとしたアイデアだけど、感動!

◆最後に、吊下げスペースの別利用
今までラップを入れていた吊下げスペース。
今回、一時的な書類置き場として生まれ変わりました!
これで書類を収納棚の上にどんどん積み重ねることもなく、キレイな状態を維持できる!

いやーほんと、いい仕事してますね!超感動した!
まさに劇的ビフォーアフター!!!




スポンサーリンク
視点を変えることが重要

今回のライフオーガナイズで学んだこと、それは視点を変えること。

劇的に変わったように見えるんだけど、実際は『モノを移動させただけ』なんだよね。

たったそれだけのことなのに、『今までこれでやってきたから』という理由だけであまり深くも考えずにここまで来てしまっていたわけで。

やっぱり頭柔らかくしないといけないなー。

多面的なモノの見方をしないといけないなー。

こんな風に、反省しまくりなのです。

まとめ

それでは最後に、もう一度写真を見比べてもらおうかな。

まさかこの収納棚に同じものが並んでいたとは思えないほどの違い(笑)

特に子供のオモチャを下に置くという発想が目から鱗で、いかに僕自身が子供の気持ちになった視点に欠けていたかを痛感したよ。

こうした気付きをもたらしてくれた妻に感謝感謝。

もしかしたら、みんなの家にもまだまだ改善の余地があるかもよー。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら