最近、出会う人のマラソンやってる率が高くて驚いてる。
みんなハーフマラソンとかフルマラソンとか出ちゃってるのね。

簡単にハーフとかフルとか言っちゃってるけど、21kmとか42kmだよ?そんなに走れるなんてスゴ過ぎる!いや、もう「スゴい」っていう月並みな言葉で表現するのは失礼なくらいスゴイ。なんというか、ある意味別の生き物のような気がする。

僕の過去の陸上経験

僕は小学生の6年くらいから筋肉がついてきて、100m走はグングン速くなったんだよね。

でも小学校のマラソン大会は下から数えた方が早いレベルで、もうイヤでイヤでしょうがなかった。

で、中学生の頃は陸上部に入り、短距離は3年間リレーの選手に選ばれるなど結果が出せるようになったものの、長距離はからっきしダメなまま。

走ってて、横腹が痛くなって、息をするのも痛くなってきて、最後足が痛くなってきてるのに、「次の電柱まで」、着いたら「また次の電柱まで…」と気力をふり絞って走るのは僕には拷問でしかなかったなあ。

で、当時の僕はその時、「大人になったら、2度とこんな苦しいことはしない!」と強く心に誓ったのでした。




スポンサーリンク
時は過ぎて

その時の誓いを守り続けて30年。僕は本当に「走る」ということから正反対の位置に自分を置き続けてきました。

子供が小学3年生くらいの時、体力作りのために池の周りを1周しよう!と一緒に走ったんだけど、半周くらいで僕の方が息が上がっちゃって、横腹痛くなって歩き気味に。

「一体この池、一周何kmあるんだよ?」

と半ばキレ気味に説明図を見たら1.2km。チーン

600mでへばっちゃってたわけですな。

習慣化に向けて

毎年お正月には「運動するぞ!」などと目標は立てるものの、残念ながらまだ思ってるだけ。

錆びついた体を動かして数km走るのはまだまだ心理的、体力的ハードルが高い…

まずは習慣化だよなー。

ブログを毎日書くとか、頭で考える事はそれなりに習慣化出来るんだけど、体動かす事はほんと腰が重い。

始めはムリをしない程度にちょっとずつ階段を上るようにってのも分かるんだけど、
・寒い とか
・ランニングシューズ持ってない とか
・すぐしんどくなるし とか
先にイイワケが出てきちゃう。

30年間まるで江戸時代の鎖国のように長距離走を拒んできた僕の心は、まだまだ運動を許容できない様子だわ…

まとめ

まだ心が重いけど、どうやったら楽しくワクワク走れるかな?

僕のストレングスファインダーの資質を考えると、数値化されて結果が目に見えるのがいいかも!

走った距離がデータベースに蓄積されていくアプリとか、ここ走ったよっていうエリア制覇アプリとか。

まあ、年末にコタツで丸くなりながら、ゆっくりと探してみるかなー。
(これ絶対走れないパターン)

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら