omatsuri_syateki

今日はターゲティングと行動力の重要性と英語の可能性に改めて気づいた話を。

友人とブログの話

1ヶ月くらい前、妻と妻の高校時代の友人と3人でSkypeしてるとき、ブログの話になったんだよね。

で、その話って言うのが、『なかなか彼女のブログが読まれない』ってこと。

彼女は日本語講師で、それにまつわるビジネスを展開していくにあたって自分の想いをブログで綴っているのに、あまり読まれなくて悩んでいると。

僕もまだまだブログ駆け出しなわけで上手く相談に乗れるかどうかビミョーだったけど、お互いにブログ事情に興味もあり、色々と話をしたわけです。

彼女のビジネス

その友達は英語教員免許取得したあと、イギリスの大学で第二言語習得理論を研究。
その後、韓国で日本語教師デビュー。帰国後は留学生対象の日本語学校で7年間専任講師。

また、外国人を対象にした日本語能力試験対策、大学受験指導(日本留学試験、面接対策)、進学説明会、イベントや校外活動の企画等を担当するかたわら、ビジネスマンのプライベートレッスンを多数担当。

1年間アジア7か国への学生募集の営業も経験。留学セミナーなどの企画に携わる。

だって。すんげー!!!

完全に語学のスペシャリストだよね。




スポンサーリンク
彼女のブログのターゲット

で、そんな彼女は世界中に友達がいて、普段接している人も外国人の生徒さんだったりするわけです。

そうなんだーって思いながら話を聞いていたんだけど、ふと思ったことが。

「一体そのブログ、誰に読んでもらいたいの?」と。

っていうのも、外国人の友達が多いのに日本語でブログ書いてたら、そりゃ読んでもらえないっしょ!!

もし読むであろう対象がほとんど日本人だったら日本語で書いたらいいけど、大半が外国人だったらそりゃ英語で書くべき。

半々くらいなら、日本語の記事と英語の記事を両方アップしてカテゴリ分けしておけばいいじゃん!

彼女も「おー、確かにそうだわ!いいこと聞いた!」と納得の表情。

で、こんなことを話しながら、僕も「自分のブログのターゲットってどこなんだろうなー」って思ったり。

僕は毎日思ったことを感じるがままに書いてるから、そこまでターゲット層とか考えてないかも(汗)

彼女の行動力

彼女がすごいところは、そこからの行動力!
すぐに自分のブログを日本語バージョンと英語バージョンで書き出したのです。

生徒さんも日本語の勉強で使えるようにと。

そうしたら、海外にいる彼女の友達が徐々に読んでくれるようになり、職場でも「読みましたよっ!」って声かけられるようになったり、ブログの内容を前提に会話されるようになって、なんかすごく環境が変わってきたって!

なんか嬉しいねー!

ちなみにブログ書いてると、「読みましたよ!」って言われるのとか、記事の話されるのって超嬉しいんだよね。
ぜひ僕の顔を見たら、ブログ読んでますよって言ってください(笑)




スポンサーリンク
英語

「英語を話せれば10億人と話せる」ってよく言われてたように、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、日本語より英語使ってる人の方が多いんだもんね。

英語が堪能な人は、英語で情報発信すればより多くの人に感動を与えられるわけですなあ。

PPAPがこれだけ世界で流行ったのも、英語だったからだもんね。

これで彼女のビジネスが、もっともっとワールドワイドに広がっていけばいいな!

彼女のブログ

そんな彼女のブログはこちら!お時間があればぜひ訪問してあげてください。
特に語学の勉強をしたい人はいいかも!

まとめ

ビジネスで重要なのはターゲティングと行動力。

ターゲットを定めて行動すると、明らかに成果が変わってくる!

また、彼女と話してると、英語でコンテンツを作るっていうのも、可能性を広げる方法のひとつだなあと実感。

そして彼女が言うには、「応妻!の記事の中でも、特に『子育て』に関する記事は英語にして海外の人に見てもらえば、文化を超えて気づくこともあるかもね」と。

よし!応妻が本になった暁には、彼女に翻訳をお願いしちゃおうかな。
『cheers my wife』でグローバルデビューだ!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら