今日はいつもと違うメンバーのところに参戦して、アウェイ人狼大会に参加だー!

アウェイ人狼大会の結果

もうズタボロだったなー。

勝ち負けじゃなくて、言いたいことが言えない、伝えたいことが伝えられないっていう苦しさを味わったなあ。

人は、知ってる人の話を聞こうとする

人って、知ってる人の話をよく聞こうとするんだなというのが第一印象。

人狼ゲームって見えている情報ってのは限られてるから、それを誰が言うかが主導権を握るということに近い。

そんな中、何度も口を挟もうとするも、古株の人がずーっとしゃべってて途切れないし、みんなの耳がそっちに向かってるから聞いてくれねー。

で、ようやく話していいかなというタイミングで自分の考えてる理屈を話すと、

「それ、さっき○○さんが言いましたやん」って。

そうなんだよねー。情報一緒だから、内容かぶっちゃうよねー。

そこでのお作法がよく分かってない

・占い師が3人出たらローラーじゃね?
・霊媒師が進行役をするのがベストじゃね?
・根拠なくてもいいからバンバン周りに疑いをかけまくる
・今回はグレランでいこう・・・?グレランってなんだ?

ほうほう、グループによってお作法が全然違うもんだなあと。
このグループではそう進めていくんだーっていうのを見てると、聞く側に回っちゃうよね。

萎縮しちゃう

自分でも色々考えてるはずなんだけど、いざ話していいよってなると、二番煎じだったり、ロジカルじゃなかったり。

そんなことを何回も繰り返しながら、話に入るタイミングを計ろうとすればするほど、なんか色々考えちゃって結局話せずじまいだったりして。

これ完全に知らん人の中に入って萎縮してるよね。。。

ん?なにこの既視感。まさにデジャヴ!!!

どっかで完全に同じ感覚を味わったことがあるぞ!!!




スポンサーリンク
似たような経験

知らない人の中で萎縮して話せない経験。

言いたいことが全く言えない経験。

えも言われぬ劣等感。

そうだ!僕はこの経験を英語で経験してるわー。あー、思い出したわ。

外人囲んでのトーク

外人と、海外経験が長い上司と、帰国子女2人と僕が一緒にお酒飲みながら談笑。

いや、正確に言うと、一人を除いて談笑。

しゃべってる内容は分かるし、頭にこんなこと話したいなあというのは浮かぶんだけど、色々文章考えながら話そうとすると、考えてる間にその会話終わってるという。

何度も何度も何度もタイミングを逸して、結局だんまり気味に。

上司が気を利かせてくれて

「なんや、おうつまくんは全然しゃべってないな。なんかしゃべりーや。」

と振ってくれるはいいものの、別に何もないとこで振られても、「・・・」と。

英語考えてるのか、話すネタ考えてるのかもよく分からなくなるままゲームセット。

今回のアウェイ人狼の状況って、これとめちゃくちゃ似てるじゃん!




スポンサーリンク
色んなアウェイでの萎縮が起こる原因

日本語だけどメンツ的にアウェイなケースと、そもそも言語がアウェイなケース。

どっちにしてもなかなか即座に対応するのは難しいもんだけれども、何度も同じような経験をしてれば徐々に慣れてくるもんだよね。

僕なんかはじめて外人と話した時とか、目も合わせられなかったもんね。

そう思うと、人って成長するもんだ。

で、僕の感覚だと、このタイミングが合わずに入れない原因は主に2つ。

「不慣れな環境で飛び交う情報の処理スピードが間に合ってなく話せないこと(過情報)」と、「不明瞭な状態で、考えてることをエイヤ!と口にする思い切りの良さ(自信、ずぶとさ)の欠如」

そうだ!!!!これだわ!!!!

例えば、僕も麻雀覚えたての頃は、手牌に集中しながら雑談することが出来なかったんだけど、これも情報処理スピードの問題だもんね。それが今なんか何をしながらでも麻雀出来るもんね。

場慣れすると、流すところは流して、重要なところだけ取捨選択するっていう事が出来るようになるってことかな。

今回の人狼も、「後で考えれば、どう考えてもここではこの一手だったよなー」みたいなのがゲーム中はスッポリ抜けちゃってて、なんかゲーム集中する以前に、周りについていく方に集中力を注いでたというか。

この人なんて名前だっけ?から始まって、この人はこんなキャラクターなんだなとか、こういうお作法なんだとか、ベースとなる情報が欠如している状態からの参戦は、取得しなければいけない情報が多くなりすぎるんだね。

まあそれはそれで悔しいけど、いい経験になったかなー。

まとめ

アウェイでの対応は、大抵の場合、簡単には対応できない。

その主な原因は「過情報による情報処理スピードの低下」もしくは「自信、ずぶとさの欠如」。

僕はアウェイでの議論はこうした理由からグダグダになりがちだけど、そうした自分の特性を分かった上で、上手く付き合っていくのがいい感じなんだろうね。

昔はこんなことがあると悔しくて悔しくて夜眠れなかったけど、今はそんなこともあるさと全然気にならずグッスリ眠れるようになりましたわ。僕も歳を重ねて丸くなりました。

まあみんな、初めてのところはアウェイ。でも慣れていけば徐々にアウェイじゃなくなってくるわけで。

こうしたことにヘコまず、細く長く続けていけば、いずれ「なんで出来なかったんだろう?」ってなるよね、きっと!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら