普段の生活や勉強では全くマメさを見せない中2の長男。
この長男が、こと料理に関してだけは、信じられないほどのきめ細やかさを見せるのです。

クッキーづくり

以前紹介しましたが、長男はクッキーづくりが趣味の1つ。

で、こないだもクッキー作ってたんだけど、なんか黒いツブツブがいっぱい入ってるわけ。

これこれ
cookie2

「何これ?」って聞いたら、

「紅茶パックを切って中の茶葉をクッキーに入れた」って。

おいおい、何か分からんけど、本格的すぎるだろ!

チキンラーメンのタマゴ

別の日に長男にチキンラーメンを買ってきてあげたら、もう大喜び!

チキンラーメンを器に入れて、卵割ってのせて、お湯を注ぐ。

僕はそれだけで普通に食べようとしたら、長男がえらく急いで器にラップかけるわけ。

「おいおい、どうしたんだよ?」って聞いたら、

「卵の黄身まできちんと温かくするにはラップかけないとダメだろ!」って。

えーっ、チキンラーメンにそこまでするもんなの?




スポンサーリンク
最近変わってきた僕の考え方

ちょっと前なら、「なんでその細やかさが勉強とか生活面で出てこないんだよ!」と変な言いがかりつけてカリカリしてたもんですが、最近は逆に「こいつすげえな」って尊敬するようになってきて。

だって世のオトナの男性でも、そんなこと出来ます?

いやー、無理っしょ。僕は絶対無理ですもん。

ましてや中2でここまで色々気が回るって本当にすごいことだと思いません?

ついつい僕たちは自分の子どもの事を「勉強出来る/出来ない」とか、「言うことを聞く/聞かない」といった視点で見てしまいがちだけど、それはよくないね。

特定の分野に限った事かもしれないけど、こうした細やかな気づかいや行動を出来るということこそに、彼の良さを見出してあげないといけないって思うよね。

おわりに

今までは自分の判断基準でしか物事を見ていなかったために、自分の子どものいいところを見えなくしていたのかもしれないね。

あと日本人って今まで受けてた教育が「×が1つでもつくのは悪いこと」っていう内容だから、どうしても悪いところに目が向いてしまうけど、本当は「○のところを1つでも多く見つけてあげよう」っていう目を持たないといけないよね。

時間はかかるかもしれないけど、ようやく僕も考え方が変わってきた感じ。

これからも意識して接し方を変えていかないとね。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら