妻がいきなり「スマホ替えたい」って言うから、どうぞどうぞって言ってたら最新版のスマホ買ってきた!

FREETEL製のスマホで、その名も「雷神(RAIJIN)」!

なんと2月1日発売のスマホを2月2日に買うというミーハーさ!

妻が「これ29,800円なのにスペックすごいよ!」って言ってたから、早速レビューします!

RAIJINのスペック

RAIJINのスペックは以下のとおり。

OS Android7.0
ディスプレイ 5.5インチ
1920×1080
フルHD
CPU MT6750T
1.5GHz × 4コア / 1.0GHz × 4コア
RAM 4GB
ストレージ 64GB
microSD 最大128GB
背面カメラ 1600万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー 5000mh
SIMサイズ SIM1:microSIM
SIM2:nanoSIM(ただしmicroSDカードと一緒には使えない)
サイズ 高さ:153.0mm
幅:76.0mm
厚さ:8.7mm
重さ 183グラム
ポート USB Type-C
価格 29,800円(税抜)
開封の儀

箱は黒地に雷模様が入って、雷神って書いてある。
一見カッコイイ風だけど、雷神って冷静に考えるとなんでやねん!だよね。

開けてみる。

本体の下にはケーブルが。
ケーブルはUSB Type-C。ありゃ、microUSBじゃないんだ。
これケーブル挿す時、表裏が関係ないやつです。

本体
電源を入れるとこんな感じ。

標準の壁紙は「雷神」にちなんで夜空にほとばしる稲妻。

妻がこれ見て一言「だっせー」

・・・確かに女性ウケはしないよね。。。

画面は結構フチまできててデカイ。5.5インチあればかなり使いやすいね。

本体裏側には指紋認証機能

触るだけでサクッと開くのね。動きはむちゃくちゃ快適。

ちなみにこの端末の色はシルバーです。

SIMカードとMicroSDカード

SIMカードはMicroSIMとnanoSIMの2枚入るように設計されてます。

でもMicroSDカードを利用する場合はnanoSIMのソケットを利用するような設計になっているので、SIMカード2枚とMicroSDカードを同時に使用することは出来ませんね。

重さ

RAIJINの重さは5000mhのバッテリーのため183グラム。

でも使ってて重さは全く感じないレベル。むしろ軽くて快適。(まあこれは僕が7インチタブレットを普段使いしてるからかもしれませんが)




スポンサーリンク
アプリ
アイコンの配置

アイコンの初期配置はこんな感じ。

ちなみにアイコン一覧とか無くて不便だったから、すぐNOVA Launcher入れてカスタマイズしちゃった。

タッチパネルの感じ

ま、まさにこれがヌルヌルだ!と感動するくらいヌルヌル動く。

いやー、めちゃんこ快適!全くストレスないっす!

ホームボタン

ホームボタンや戻るボタンは画面下部の光る〇で。

見た目は何となく頼りない感じだけど、反応は抜群でした。

まとめ

29,800円という格安価格でここまでのスペックの端末が買えるなんてほんとすごい時代が来たなと感じます。

もちろんSIMフリー端末ですから、格安SIM用に新しい端末を買おうと思っている方は、ぜひご一考を!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら