ある日突然うちにやってきたDoctor Air。

はい、妻の衝動買いです(笑)

「これいい!」と思ったら、ストレングスファインダーの活発性が抑えられないのが妻の特徴。

僕はどれだけ欲しいと思っても、絶対に1日~2日は寝かせちゃうなあ。凄い行動力。

さて、今日はそんな経緯でうちに来たDoctor Airのレビューをしてみます。

Doctor Airとは

Doctor Airとは、簡単に言うと簡易版マッサージチェアー。

普通にマッサージチェアーを買うと何十万円もするけど、このDoctor Airは家にある従来のイスに取り付けるだけで簡単にマッサージチェアーになるってやつ。

2つの部分で構成

Doctor Airは2つの部分で構成されています。

頭~首マッサージ用

頭~首マッサージ用の枕サイズのマッサージ機です。

ボタンを押すと4つのボールが動き出し、もう一回押すと逆回転。ボタンを長押しすると動きがストップします。

僕もぼちぼち四十肩な感じですが、肩こりの時はこれを延々とやり続けます!

背中~腰マッサージ用

もう一つが背中~腰のマッサージ用のマッサージ機です。

スイッチ一つで4つのボールを上下に全自動で動かすことも可能ですが、リモコンを操作して自分の好きなところまでボールを動かすことも出来ます。

僕は腰痛持ちなので、腰が痛くなったらボールを腰の位置まで下げて、延々とモミ続けます!




スポンサーリンク
ついてるリモコン

リモコンを見てみると、Doctor Airで使える機能が一目瞭然!

刺激の種類

刺激の仕方はもみ、交互、指圧の3種類から選べます。

「もみ」は左右両方同じタイミングでモミモミ。

「交互」は左右を別々のタイミングでモミモミ。

「指圧」は揉むのではなく、グーッと強く押す感じの刺激を与えてくれます。

でも、直接背中に当てるとちょっと痛いので、付属のシートを1枚かけるか、それでも痛ければバスタオルなどを当てると丁度いい気持ちよさになります。

部位の調整

全身をくまなく揉むのか、それとも部分的に揉むのか。

4つのボールを上に動かすのか、下に動かすのか。

これで狙ったところにピンポイントに当てることが出来ます。

バイブ

座ったオシリの部分がブルブル振動します。

ボタンを押すたび強・中・弱・OFFと切り替わりますが、このオシリの振動は何の意味があるのかよく分からないので、いつもOFFにしちゃってます。

まとめ

また余計なもの買って…と思ってましたが、肩こり持ちの僕にとってはそれなりにいい買い物だったかも。

値段もお手頃で、頭用、背中用の他にキャンペーンで専用のイスまでついて29,800円でした!(もうイスはついてないかもしれないけど)

もし興味があれば、店頭で試してみるのもいいかも!ららぽーととかイオンの中に結構店舗ありますよ!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら