東京に住みだして、大阪とここまで違うのか!と感じたのがゴミの分別。

いやー、東京ってほんと大変だわ・・・

大阪のゴミの分別

大阪ってゴミの分別が超ゆるい。

一言でいうと、『古紙系』『プラゴミ』『燃えるゴミ』『ビン/缶/ペットボトル』の4つだけ。

え?不燃物とかどうするの?って思うでしょ?何にも問題なし!大阪市の基準だと全部燃えるのよ。

妻が東京から大阪に来た時に、初めのうちは燃えるゴミをいちいち種類別に分けてたのを思い出すわー。

僕「どんだけ一生懸命分けても、全部一緒に燃やされるのに」

妻「いいの!分けないと私の気が済まないの!」

みたいな会話してたなー。妻も見た目によらず、意外と律義な一面があるのね(笑)

東京のゴミの分別

こっちのゴミの分別は大阪に比べるとはるかにハード。

『古紙系』『プラゴミ』『燃えるゴミ』『不燃ゴミ』『ビン/缶/ペットボトル』『金属』『小型家電』『廃油』『有害ゴミ/危険物』『枝/葉/草/オムツ』の10分類。もしかしたらもっとある?

一体どれだけ細かく分けさせるのよ・・・
大阪の全部燃えちゃう制度に慣れちゃうと、そんな厳しい環境に戻るにはちょっとリハビリが必要になるよね。




スポンサーリンク
さらなる違い

大阪はごみを捨てるのに、スーパーの袋で捨ててたんだよね。

でも東京の23区外の市だと、コンビニ等でゴミ捨て用の袋を有料で買わないといけない!

このゴミ袋、40L10枚で600円もするのよ。

しかも東京23区は有料ゴミ袋制度が無いらしい。なんだよー!もしかしてゴミを捨てるのにわざわざ金払ってるのって僕らだけじゃないの?これ人口比で見ても、日本全国で10%未満じゃない?

何この罰ゲームぽい感じ(汗)

まとめ

たかがゴミ、されどゴミ。

分かっちゃいるんだけど、ほんとゴミ捨てるのにものすごい労力かけて、なおかつ有料指定ゴミ袋でお金払って・・・てやるのはなかなか腹立ってくる。

妻はゴミの分別意識めっちゃ高いから、僕が適当に捨ててると苛立ちながらも説明してくれるんだけど、僕自身あんまり興味がないから全然頭に入らなくて。

分別の仕方よりも、「そもそも住民税あんだけ払ってるけど足らんのか?」とか「そもそも分別させときながら最後一緒に燃やしてるんじゃないの?」とか、色々考えちゃうよねえ。

まあ一応ルールはルールだから守るし分別もするけど、頼むから『最終的に全く意味ないじゃん!』ってことだけはやめてよね!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら