春は引越の季節である。

で、さあ引越だと口で言うのは簡単だけれども、実際に引越を完了するのは並大抵のことではない。

単身の移動ならまだしも、家族ごと移動ともなると、それはそれは終わりが見えない作業となるのである。

しかし、今は強い味方がいる!そう、『らくらく引越便利プラン』である!

らくらく引越便利プランとは?

らくらく引越便利プランとは、僕が全く何もやらなくていいプラン。

すなわち、引越業者さんが荷物搬出日の前日に荷物を梱包しに来てくれるというサービス。

いやこれ、ほんと画期的なサービスだと思うよ。

僕は大学生の時から転職、結婚、転勤含めて9回引越してるけど、昔は全部自分でダンボールに梱包してたもんね。

小物はいいのよ。ダンボールにぶちこんどけばそれでいいから。

でもガラスのコップとか、お皿とか、一枚ずつ新聞紙にくるんで、割れないように緩衝材敷き詰めて・・・とかほんと大変だった。

でも、このサービスを使うとそんな必要が全くないもんね。ほんとすごいよ。

らくらく引越便利プランを体験してみる

前述の通り、らくらく引越便利プランは全部おまかせ。

前回の引越あたりから、僕はもう見てるだけになったよ。

正確に言うと、今の家の間取りと次の家の間取りを1対1に合わせ、『今のAの部屋のものは、新しい家のBの部屋に入れてください』と明確に指示を出しさえすれば後は全てやってくれる。

描いた間取り図はこんな感じ。

妻がこれ見て、「あはは、なんでトイレの絵がこんなに力入ってるの?」と。

うるへー!絵をバカにする前に、プラン作るの手伝えー!!!

でもこのサービス、ほんとすごいよ。

梱包はたった2人で来てくれたんだけど、9時~13時半のたった4時間半で家の中のものがバンバンまとめられていくのよ。

僕なんか前の日、まったく引越準備手つかずのまま関西勝間塾の大女優のプレゼンを聴きに行って、家に着いたの夜の22時半。

そこから夜の2時までなんか整理しようと頑張ろうとしたけど、眠すぎて力尽きたのよ。

でも最終的にはそれが正解だったみたい。

逆に素人が何かしようとして荷物を出してバラバラにしてしまうより、逆に荷物をキレイに棚にしまって、プロが梱包しやすくした方がいいということが分かった。

要は何もするな、ということね(笑)

4時間半で家の中のものが全て梱包され、翌日3時間半くらいで全て運び出されて終了。

僕はたまに「これどうしますか?」と聞かれて答えるだけ。ほんと素晴らしい!

お皿もちゃんと専用に1枚1枚ちゃんと緩衝材で区分けされているダンボールがあったりと、至れり尽くせり!

1回このサービス使ったら、もう自分では引越の梱包しようと思えないね。




スポンサーリンク
サービス価格

気になるお値段は…

梱包サービス6万円!

え、高い?

でも自分でやったら絶対4時間半じゃ済まないよ。

何日も何日も、だいぶ前からちょっとずつ梱包しなきゃいけないしね。

それが、前日まで遊んでても全部やってもらえるんだよ。

費用対効果考えたら、僕は6万円の価値は十分にあると思うなあー。

まとめ

単身の引越だと全然余裕。

でも家族が増えてくると、厄介な割れ物(お皿、グラス等)も人数分増えちゃうし、オモチャが大変な量になっちゃう。

細かいオモチャとか、どうせほとんど使わないクセに「捨てないで」って言って全部持っていくことになるし、片づけるのも大変で、ほんとキーッてなるよね。

そう思うと、ある程度家族の人数が増えた段階で梱包サービスに丸投げするのが賢い選択肢だと感じるなあ。

まあ、引越にパワーを奪われて、日々の生活のパワーが残らないという本末転倒にならないよう、上手いことサービスを利用しましょう!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら