転職してから、私服勤務になった。

スーツとネクタイが死ぬほどキライな僕としては天国のような環境。

私服になった時の課題

とはいえ、就職してから18年間ずーっとスーツを着てきたのに、いきなり「明日から私服着てきて」ってなったら、それはそれで嬉しい反面、困る。課題は大きく分けて2つ。

課題1:1週間分も私服持ってない!

課題2:毎日私服のセンスが問われる!

小学校の同級生が送別会でオシャンティーな洋服をプレゼントしてくれてなかったら、今頃どうなっていたことやら(笑)

しかし、1つ目の課題は一時支出に目をつぶって数を買っちゃえば済む話だけど、課題2はなかなか手強い。

今まで中学校の3年間以外は小学校、高校、大学と私服だったにも関わらず、生まれてこのかたオシャレからは相当縁遠い生活をしてきたわけで。キャーやばいやばい!

LEONとか読んで「チョイ不良オヤジ」とか勉強しないと!
※不良と書いてワルと読むらしいす。

私服になってイイこと

スーツ着てて困ることと言えば、夏の対応。
冬は厚着すればいいけど、夏はクソ暑いのにスーツ着なきゃいけないとか、なかなかの拷問。

それがTシャツと半ズボンとサンダルで会社行けるというのはそれだけで業務効率が上がる気はする。

服装に限らず、髪型もヒゲを生やすのも自由。

「どうぞどうぞご自由に。ただし、結果を出してくださいね」という天からの声が聞こえて来そう。
当たり前だけど、こえー




スポンサーリンク
結局選んだ服

色々試してみたけど、ジーパン最強っていうことが分かったよ。
カバンも、PCを持ち歩くとなると肩掛けカバンだと結構負担になるから、結局リュックだし。
学生の時とあんまり変わんない格好になっちゃってるかも。わはは

とりあえず妻に店まで来てもらって、どんなのがいいかアドバイスしてもらいながら買っちゃったよ。

でも、僕はもう結婚しちゃってるから関係ないけど、若い人達で会社帰りに合コン行く時とか大変だよねー。
会話とか人柄とかの他に、私服チェックまでされちゃうという。キャーやばいやばい!
あとで女子のライントークで『あー、あのユニクロね』とか言われないようにしないと!

まとめ

それこそ社会人になってからずーっと、「スーツに何の意味があるんだよ?」とか、「ネクタイ考えた奴だけは絶対に許さない」とか言ってたけど、私服になると、それはそれでプレッシャーで(笑)

男はスーツしばりだけど、女性は私服って会社は結構多そうな気がするけど、やっと女性の大変さが分かったよ。
どれだけ服買っても、上下の組み合わせ変えても、『あ、それ前着てた服だね』ってなっちゃうもんね。

まあ、あんまり気にせず、とりあえず仕事に集中しまっす!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら