うちの妻が、最近ゆきこさんのメルカリ講座を受けて、メルカリやり始めました!

はじめメルカリに対して思っていたこと

・個人同士のやり取りなんてトラブルだらけじゃないか
・品質悪そう
・そんな簡単に売れないだろう

それが講座によると、そうでもないらしい。
「捨てるくらいなら売ろうよ!」
講座後すぐに、妻のメルカリスイッチがONになった(笑)

もともと断捨離好きで、うちでは『ポイポイマシーン』の異名を持つ妻。
なんでもかんでも、「これ捨てていい?」ってすぐ聞いてきてた。

本くらいかな、「捨てるくらいなら売ろうよ」って話になったのは。
でもブックオフで売っても、1冊10円にもならないし、持っていくのが超重いしで、結局捨てちゃってたな。

ちなみに10円以下で仕入れた本、ブックオフは何百円とかの値段つけて売ってるんだよね。ほんと利益率どんだけなのよと!

そんなことを考えてる我々の救世主がメルカリだったのです!

今は妻のセリフが「これ捨てていい?」から「これ売っていい?」に。
不要なものがお金になる快感を覚えてしまったか(笑)

メルカリのいいとこ

1500円で買った本が700円とかで普通に売れちゃうんだよね。
間にブックオフとかを挟まないから、すごくいい!

買う方は今まで1000円でブックオフから買ってたものを700円で買えるし、売る方は今まで10円で売ってたものを700円で売れるし!送料を込みにしたってそりゃこっちで売るよね。メルカリが流行るわけだわー。

ブックオフは2期連続赤字みたいだし、時代の移り変わりを如実に感じる一幕だなあ。




スポンサーリンク
また出た妻の活発性!

そんなこんなで、妻がメルカリを始めたのはいいけれど、ここでまた妻の活発性が発動!

「あ、これメルカリに出そー!あ、これも出しちゃお。うふふ」

とにかくバンバン出品しまくる!行動の中から失敗を学ぶ!これぞ活発性!すぐに行動に移せるのはすごく素晴らしいこと。でも1つだけ僕には理解できない行動が。

それは、『まだ読んでない本を出品する』こと。

妻「この本も売りに出しちゃったー」
僕「あれ、まだ読んでないって言ってなかった?」
妻「売れたら、発送するまでに読むよ。切羽詰まらないと私動けないし」
僕「えっ?」
妻「えっ?」

ほんと発想が面白いよね(笑)

まあそれはともかく、妻はメルカリ初心者なのにバンバン出品してバンバン売れまくってるし、なんかメルカリの勢いすごいなと思うのであります。

まとめ

まだみんなメルカリ使ってないなら、ゆきこさんのメルカリ講座とか本当にいいと思うよ。

数千円の講座だけど、妻はあっという間に売上1万円到達しちゃったし。仮に1万円の講座だったとしても、これから新しいプラットフォー厶を利用できるようになると考えると、相当価値があると思うなあ。

ゆきこさんの講座はこんな感じらしく。ちなみにお問い合わせはブログの中にあるメールアドレスからとのこと。

・妻の出た会の話

・オンラインも好評だって

さあ、妻にはこれからガッツリメルカリで稼いでもらわないとね!
…でも、僕が読む前の本は出品しないでね!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら