最近妻が勝間式超ロジカル家事にチャレンジしてるのです!

勝間式超ロジカル家事とは

勝間式超ロジカル家事とは、経済評論家の勝間和代さんが提唱する、毎日の家事を出来るだけ労力をかけずに、しかしながら質はより良くするために考えられた超論理的な家事の手法。先日この勝間式超ロジカル家事の本が出版され、あっという間に数万部が売れるという、今ホットな考え方。

そしてうちも家事を何とかしようということで、勝間式超ロジカル家事をちょっとずつ実践していこうということになったのです。

包丁を使わない

例えば料理の際に包丁やマナ板を使うと、切りにくいばかりか、洗い物が増えてしまうことに。

勝間式超ロジカル家事では、包丁を使わず、キッチンバサミで肉をカット!

フニフニしたものでも、超楽チンにカットが出来てしまうのです!
こうして、切りにくさの不便解消や、洗い物の手間などを全て一気に解消してしまうのです!

料理には他にも、出来るだけ並行作業出来るようにヘルシオを複数台持ってフル活用するとか、味付けはある程度画一的に決めてしまおうという勝間式ロジカル家事もありますが、そうして出来るだけ「考える部分」を減らして効率化を追求することが「ロジカル」に繋がっているのだなあと感心してしまいます。

買い物は店舗に行かず、ネットスーパーや宅配サービスを利用

大阪にいた時は近くのスーパーやイオンで買い物してましたが、引越をしてからは主に生協の宅配を利用しています。

店舗に買い物に行くと、そんなに時間をかけるつもりがなくても1~2時間かかってしまうもの。
しかもちょっと小腹がすいている時にいくことが多くなりがちで、食材を多めに買ってしまったり、お菓子をポイポイとカゴに入れてしまったりと、買い物額も上がってしまうことに。

実はうちも、そうしたちょっとしたお茶菓子代が膨れに膨れて1ヶ月で結構な金額になってしまっていました。

それが定期的な宅配やネットスーパーの利用で、時間も金額も抑えられる!これ絶対いい!Amazonだってそうした将来のニーズを見越して『Amazonフレッシュ』を都内から始めてるもんね!




スポンサーリンク
掃除機はルンバで

これはやりたいやりたいって思ってたけど、小さい子がいると厳しいわー。

なにせ床にオモチャやランドセルや色んなものが所狭しと散らばっている!
ルンバが走る前にこれをキレイに片づけるのは逆に苦痛・・・この選択肢は下の子がもう少し大きくなってからだなー

洗濯物を全てハンガーにかけてそのまま干し、取り込む

うちは今まで、ワイシャツ系はずっとハンガーで干して、そのまま取り込んでクローゼットにしまってました。

確かにこれ楽だなーって思ってたんだけど、そか、それをTシャツとか全ての衣類に適用すればよかったのかー!視点の拡大だね。なるほど!

お風呂は出来るだけモノを置かない!

風呂オケやお風呂のフタは全てお風呂場から取り除く!

カビが生えて大変なのは、カビるものがあるから!
出来るだけお風呂場のものを少なくして、掃除を楽にしたよ!

まとめ

まだまだ勝間さんの域には届いてないけど、家事を楽にするために出来ることってまだまだいっぱいあるんだなあと目からウロコ。

今は僕が転職で忙しくなり、今まで二人で協力し合っていた家事が妻だけのワンオペレーションになってしまっている状況。
妻には相当負荷をかけているので、こうした効率の良い家事を取り入れて、出来るだけ気持ちよく毎日を送ってもらいたいなあと思うのです。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら