僕、歯並びめっちゃいいんだよねー。でも歯並びが良すぎていくら丁寧に歯磨きしても、どうしても歯の間の歯垢が取り切れないという。

とはいえ歯間ブラシとかの消耗品を切らさないようにいちいちケアするのも正直メンドクサイ。

以前、見た目は全く問題なかった銀歯の下でひそかに虫歯が進行していたという経験もあり、何か出来ないかと頭のどこかで引っかかってました。

実家で新たなヒントを得た!

先日実家に帰った時に、父親が「水の歯ブラシめっちゃええで!」と大絶賛。

え?水の歯ブラシ?

始めはよくわからなかったけど、見て納得。
なるほど、水をタンクからノズルで細くピューッと出すことで歯の間の歯垢をかき出すやつね!これなら歯間ブラシを別途買う必要もないしええやん!

ということで、僕も『パナソニック ジェットウォッシャー ドルツDoltz EW-DJ61』、買っちゃいました!!!

ジェットとバブルの水流で3つの効果!
・歯周ポケット洗浄!
・歯間の食べカス除去!
・歯茎ケア!

これやー!僕の求めてたのはこれやー!

箱を開けてみる

幅17.4×奥行8.4×高さ18.5cm。取り出してみると、そこまで大きいわけではなく、一安心。

ノズルは標準で2個ついてる。3人以上で使うなら別途買わないといけないね。とりあえずうちは僕だけが使う予定だからOK。




スポンサーリンク
使ってみる

気になる使い心地を検証。

歯ブラシを一切使わず、ジェット水流だけで歯磨きしてみる

まずはジェット水流だけで歯磨きが完結するのかテスト。

タンクに水を満タンに入れると、5分くらい歯磨きする感じ。

水流は気持ちイイんだけど、歯磨き粉を使わないわけだから、歯磨き粉のミントの味が口に残らず爽快感が無くて、何となく寂しい感じ。

歯の表面はツルツル・・・とまではいかないか。歯の表面をこすってみると、まだ汚れが残ってる感じが。

うーむ、これ単体では若干厳しそうな予感。。。

歯ブラシで磨いてから、ジェット水流

やっぱこっちで。歯ブラシで磨いてから、歯間ブラシと同様に補完的にジェット水流を利用。うん、さすがにこっちの方がキレイになった感は強いね。歯磨き粉で口の中爽快だし、満足!

水流の強さ

水流は5段階あるけど、僕はまだレベル3でちょっと強いよー、痛いよーって感じ。でも少々強い方がキレイになるよね、たぶん。

いずれ慣れてきたら、レベル5に挑戦してみます・・・

ジェット水流とバブル水流の差

確かに歯茎に当てると、感じが違うのは分かるね。

ジェット水流の方は水流が細くて歯の間により入りやすい感じ。バブルはなんか太くて、歯の表面の掃除や歯茎のマッサージにいい感じ。

バブル水流はレベル3でもいいけど、ジェット水流はレベル3だと痛い痛いって感じかな。一応使い分けてます。

ビショビショにならない?

口を開けて水流やっちゃうと、もう水が飛び散りまくって、鏡にも水滴飛びまくって大変。ノズルを咥えて、口を閉じてからスイッチオンしないとイカンね。

でも、ジェット水流を口の中で出してるわけだから、もちろん口の中が水でいっぱいになってくる。ジェット水流やりながらその水を口から出すのが意外と大変なのよ。まあ横着せずに一回止めてから出せって話なんだけどね(笑)

まとめ

『パナソニック ジェットウォッシャー ドルツDoltz EW-DJ61』、水だけではなかなかキレイにならなかったけど、歯ブラシの補完的に使うにはナイス!

これでちゃんと歯をキレイにして、おじいちゃんになってもちゃんと歯を残すぞー!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら