僕はお金の使い方があんまり上手くない。
でも一般的に言われる「浪費家」なのではない。「お金を使うのが苦手」なのである。

まあ、こう書いたら「代わりに使ったるわ!」って返されるのがオチなんだけどね(笑)

長男からお願い

長「ねえ父ちゃん、ロードバイク欲しいんだけど、、、」

僕「ロードバイクって、何万もする高い自転車のことか?」

長「うん。俺が狙ってるのは88,000円のやつ」

僕「・・・今乗ってる自転車、こないだ買ったばっかだけど、あれじゃダメなのか?」

長「そういう問題じゃないんだよ!俺は今ロードバイクが欲しいんだよ!」

僕「・・・」

妻からお願い

妻「ねえねえ、iPhone7欲しいんだけど」

僕「10万くらいするじゃん」

妻「でも、みんながいいって言うし」

僕「・・・今使ってるスマホ、こないだ買ったばっかだけど、あれじゃダメなの?」

妻「ちょっと使いにくいんだよね。音声読み上げ機能もないし。あ、この機能iPhoneだけなんだよ!」

僕「・・・」

僕の心の中

僕の心の中では、天使と悪魔がえらく言い合ってるわけで。どっちが天使でどっちが悪魔か分からんけど(笑)

天使「あなた、何のためにお金を貯めてるの?欲しいものを我慢しないためじゃないの?お金は使うためにあるのよ」

悪魔「絶対認めるんじゃねえぞ!1つ認めたら、次はあれ欲しいこれ欲しいってなるに決まってるだろ!」

分かってる!分かってるんだよ!10万や20万の出費、別に痛手じゃないし、むしろNGって言って家の空気が変になるより、笑顔で「いいねー!買っちゃえば?俺もiPhoneにしようかな」って言うのがみんなのためなんだよ!

どっちも「今のやつ使えよ、、、」っていう気持ちは正直あるけど、昔ほどお金にシビアでもなくなってきて、「欲しいものを買わずして何が貯金だ!」という気持ちも十分すぎるほど納得できる。

でも、家族にケチだと思われたくはないけど、バンバン金を使っていいよと言うのも気が引けるんだよなあ・・・




スポンサーリンク
僕が納得する考え方

で、僕自身が一番腹落ちするのは次の考え方。
長男は、次の中間/期末テストで自分が決めたハードルをクリアすれば買おうよ。
妻は、東京に来て0からのスタートになった自分のビジネスで、自分で決めた売上を達成すれば買おうよ。

僕自身、たとえ自分のものであったとしても、制限をすることなく高い買い物をするのがどうしても苦手。
しかし、自分で目標を決めて達成したらご褒美的に買うというプロセスを経ると、ものすごく安心してお金を払えるという、ストイックな性格なのです。

変でしょ?

なのでこれを家族に押し付けるのも良くないなと感じていて、色々悶々としてるのです。

まとめ

みんなはパートナーや子どもが高額の欲しいものを言ってきたらどうする?

お金がある限りOKって言っちゃう?それとも将来の事を考え、何らかの条件を出してストッパーになっちゃう?

ちなみに僕は、余裕でストッパーになってる自分に自己嫌悪を感じつつ、でも情けないことにどう振る舞えばいいのか、いまだに自分の中で結論が出ていないのです。。。

難しいよねえ。難しいよねえ。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら