うおおおー!アメリカでAmazonの新サービス「The hub」が発表されたー!

サービス内容

これは建物内に大型宅配ボックスを設置する、マンションや集合住宅のオーナー向けサービス。

すげー!これはすげー!

物流の不在再配達が問題になっている昨今、Amazon側が宅配ボックスを設置するサービスを開始するとは!

そりゃECサイトビジネスの全体最適で見た時は宅配ボックスあった方がいいのは間違いないけど、一般的な受益者負担の原則で言うと直接的な受益者は再配達をしなくてよくなる物流業者なわけで、それを販売プラットフォーム側でやってしまうというのが非常に革新的だと思うわけです。




スポンサーリンク
Win-Winの関係構築

しかもこのAmazon hub、集合住宅のオーナー向けというやり方が非常に上手い!

みんなが新しく住むマンションを探す時、値段の安さだけでは決めないよね?月額5千円とか1万円高くてもAmazon hubがあるマンションの方が便利で住みたくならない?

そうした層が一定数いるとするなら、マンションのオーナーもAmazon hubを導入する方が家賃収入の増加も見込めるし、空室リスクも減らせることが出来るはずだよね。

いやー上手いなー。まさにWin-Winの関係構築!

働き方改革の一端も担えるし、これは当たるよー!

まとめ

このサービスはまだ日本ではアナウンスされてないけど、最近話題に上ったように、まさに今の日本に本当に必要なサービスだよね。

早く日本にも導入されて、物流会社の方々の業務が楽になるのと、Amazonで買い物する人がみんな喜びますように!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら