こないだ長男と資産形成の話をしてた時に、僕の会社の株は買えないということが分かったんだよね。

じゃあどこの株がいいのよ?って話になった時に、友人のサニーがテンセントをストロングホールドすればいいよって言ってたから買っちゃったー。

おおー、初めての外国株投資!なんか緊張するー!

テンセントってどんな会社?

テンセントはバイドゥ、アリババと並ぶ中国3大インターネット会社の1つ。

ざっくり言うと、ゲームアプリを作ってその課金で世界一の収益を上げたり、WeChat(微信)っていう日本でいうLINEみたいなアプリを作ったりしてる会社。

またそのWeChatを使ってWeChat Payなどの電子決済システムを中国全土に拡大しているそうな。中国は現金に信頼が置けないが故に電子マネーの需要が高く、日本と比較しても圧倒的なスピードで浸透している模様。

こうした『お金の支払い』っていう民衆の生活に根付いた仕組みを作成・提供してる会社は実に興味深いよね。これ中国人が全員これ使いだしたら、もう勢い止まらんよ。そして今はAIやVRにも手を出しているし、まだまだ伸びる余地は十分にあると思う。

株価は確かに今のところ高値掴みな感じするけど、何年かアホールドしてやろうと思ってるから、もういくらでも大して変わんないかなと思って。Amazonの株価だって「ここまで来たら高すぎる」って言われ続けてなお上がり続けたわけなので、買うだけ買って、株価見ないで放置!の戦略でいこうかなと。

利益は前年比70%のプラスの182億元、日本円に直すと3,000億円弱の利益。そんだけ金あれば、なんでもできるはず!

てか、このキャラクターのペンギン!!!ドンキホーテかと思ったわ!

そんな会社です。




スポンサーリンク
購入株数と手数料

今回は1株328香港ドルで200株だけ購入。1香港ドル=13.95円なので、92万円くらい。

手数料はSBI証券で購入金額の0.2808%=2,600円くらい。

あとはこれに為替手数料が入るわけだけど、1香港ドルあたり15銭かかるってことは、片道328*200*0.15円=9,840円てことね。高っ!

やっぱ外国株の手数料は高いなー。日本株だったら数百円なのになー。まあしゃあない、必要経費だから許したるわ・・・

ほんとはもっと買いたいところだったけど、やっぱ中国株って党が何を言い出すか分からないところがあるから怖いよね。

100万円くらいで遊ぶのが精神的にもいいっすわ。

あ、『本当に数年アホールドしてやる!』という意志を固くするため、今回NISA口座で買いました!あと残った枠はIPOが当たって使えますように・・・

まとめ

たった100万円だけど、なんかすごそうな会社の株を買って応援するってすごくワクワクする!

今まで僕にとって株とはただの有価証券であり、値上がり益しか見てなかったんだよね。

だけどテンセントを買ってからは、自分の持ってる会社が世界で活躍することの喜びとか、すごいことしてくれるんじゃないかっていう期待感を感じるようになってきて、買うのにちょっとお金は余分にかかったけど、いい経験になるかなって思えるようになってきた!

しかも友人と一緒に同じ株を持って、同じ会社を応援出来るなんて、これまた素晴らしい!

さあここからまだまだ、100倍、1000倍目指して、僕に夢を見させてくれよー!

あ、株は自己責任でお願いします!

関連リンク
話題のエヌビディア株を購入してみた!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら