さて10月である。うちの会社は1月からなので、第4四半期(Q4)の始まりである。

そしてQ4を迎えつつも、Q3の振り返りをきちんとレポートしなければならないのだ。

苦しんだレポート

レポートにまとめないといけないことは、

・このQ3にやろうとしたことは何だったか。

・それは上手くいったのか、いかなかったのか。

・上手くいかなかったのなら、それはなぜなのか。

・定量的に、どれくらいの達成度だったのか。。。

こう書くと簡単そうに思えるかもしれないけど、転職したてということもあり、今の会社の流儀に沿ったレポートがなかなか上手いこと書けなくて。

毎日夜1時とか2時までレポートと向き合ったけど、1行しか筆が進まない夜もあり。

2週間、本当に考え、悩み、苦しみました。

解決策の模索

幸い僕はそうした現状から逃げ出したいという思いよりも先に、『他の人が出来て、僕に出来ないわけがない!』という、ストレングスファインダーの競争性がムクムクと出てくるから、気持ちはかなり臨戦態勢に。

今の僕は、広い視野、高い視座、多くの視点、それに広く深い知識と洞察をもって多角的に物事を分析/理解すること、それをハイスピードで完遂することを求められる立場。それをやりきるために、現状の僕に足りていないのは、今の立場での知識と経験であるというのは分かっていて。

今の会社に入ってから5ヶ月という期間の中で、僕はどれだけの知識、経験を得たのか。何が出来るようになり、何がまだ分かってないのか。ちゃんと色分け出来てるのか?と自問自答。

さらに、『知識と経験なんて、得られるのを待っていたらいつまで経っても得られるわけないじゃん!その足りない部分を埋めるためには時間をかけて努力して得るしかないじゃん!』と、とにかく今自分で出来ていないと思われるあらゆることを再度掘り返し、周りに聞きまくり、理解を深め、相談しまくって。

「入社3ヶ月も経ったら恥ずかしくて聞けないよ?」なんてどこの会社でもよく言われることだけど、もうそんなの関係ない!知らずにこのまま、今の気持ちでいる方がよっぽど辛いわ!なんて思ったりして。




スポンサーリンク
変な夢まで見るくらい追い込まれてた模様

基本的に僕は自信家だけど、今回はかなりメッタメタにやられたなー。レポートの前日の朝は、上司から呼び出されて「おうつま君は期待外れだったね」なんて言われる夢を見て、変な汗かいて飛び起きるという。

まあでも、宿題はいただきつつも、無事レポートも終了。なんとか努力の甲斐あって少しずつ視野も広がってきた感じがするし、どんなデータをどう見ればいいかも少しずる理解が深まってきたような気がする。人というのは、いくつになっても成長できるものなんだなあ。

あの夢を見た時あたりが心情的にはボトムだったけど、それから気持ちは上向きになってきて、完全に戻ってきました!

まとめ

こんな風に、まだまだ僕は努力をし続け、成長をしていかなければならないのです!

そのためには、時間をかけてでも、もっと色んなデータを集め、読み解き、分からない部分は人に聞き、深く考えなければならないなと。

まなどん(妻)からは、「いつも遅くまで何やってんの?」とか「家でもPC開いてまた仕事?」なんて言われることもあるけど、これは「出来ない」という言葉が大嫌いな僕の、自分自身のプライドを賭けた戦いなのだ。どれだけ時間をかけようが、遅くまで会社に残ろうが、家に帰ってからまた仕事しようが、「出来ない」よりは断然いいのだ。

また、自分がその「出来ない」から「出来る」に変わっていく過程が楽しくて楽しくて仕方ない。これは中学/高校で受験勉強をしていた頃からそうだったから、もうほんと生まれ持った性質なんだろうね。ストレングスファインダーでいうと何かな?学習欲かな?最上志向かな?達成欲かな?

まあこんな風に、ややストイック気味に、でもストレスではなく仕事を前向きにとらえながら、自分の成長を楽しんでいこうと思っております!

そして将来の自分へ。もしまた出来ないことに直面してヘコむことがあったら、この記事読んで、前向きな気持ちになって努力しろよ!

(関連記事)
転職1ヶ月目
転職3ヶ月目
転職5ヶ月目

スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら