先日、ほしいものリストに入れていたロジクールのトラックボールマウス(M570T)をついに購入したった!!!

これこれ!このコロコロボールがついてるやつ!

このマウスが思ってたよりもめっちゃよかったのでシェア!

買うまでの葛藤

実は僕、この親指コロコロマウスが数年前から気になってたのに、ずっと買わずじまいで。

その理由は大きく2つ。

金額

マウスって1000円くらいで買えるでしょ?で、どれ買ってもカーソル動かすという機能は変わんないのに6000円近く出すのもなーっていう気持ちがあり。

操作性

もう1つの理由は、「これほんとに操作しやすいの?」ていうのがなかなか信じられなくて。

だってカーソル操作するの親指よ?5本ある指の中でも、なかなかの不器用っぷりを発揮しそうな指じゃない?太いし、可動域すんごく小さそうだし。

てな感じで、もうずっと長いこと気になったままだったんだけど、こないだIPOが当たった勢いでポチってしまったのでした。

触ってみて感じたこと
触り心地

とりあえず僕は慎重派なので、買う前にヨドバシカメラに行って色んなトラックボールマウスを試しまくり。

ELECOMのはボールの滑りがイマイチ。

人差し指で動かすボールマウスは相当肩が凝る感じ。

だけど、Logicoolの親指トラッキングマウスだけは最高にコロコロのさわり心地がよかった!

もう、マウスのカーソルがちゃんとしたとこに行くかどうかよりも、このコロコロが気持ちよすぎてずっと触ってられる感じ!ボールが滑らかすぎる!サイコー!

操作性

懸念していた操作性について。

僕は今エクセル仕事がめちゃくちゃ多くて、こんな1個1個のセルを選ぶような細かい作業が親指に出来るんかいなって思ってた。そりゃ出来るかもしれないけど、逆に時間かかりそうだなと。

でも、それは大きな間違いだったわ。親指でもボールだと結構細かいところまで対応できる感じ。親指なめとったわ。

可動域

可動域に関しては、逆にトラックボールマウスの方が大きく感じるという結果に。

普通のマウス画面の端から端までカーソルを動かすためには何回もマウスを行ったり来たりさせたり、手を大きく動かす必要があるけど、トラックボールマウスだとボールを早く回すだけ。親指の動く距離は数ミリ。楽さが全然ちがーう!

ボールをゆっくり回すとちょっとずつ動いて、サーっと早く回すと遠くまで一気に動いてくれるのって、体の動きは変わらないってのがポイント!同じ挙動でどうにでも動かせるというのは面白い!

自由に設定できるボタン

しかもこのマウス、横の2つのボタンに色々な機能を付けられるのよ。しかも使ってるアプリケーションによって機能を変えられるという。

インターネット見てるときは「戻る・進む」ボタンに、エクセルの時は「コピー・貼り付け」ボタンにできるとか、このマウス賢すぎる!

ここのボタンね。

このボタン、Logicool(ロジクール)のページからSetPointという無料ソフトをインストールすると、ボタンに割り当てられる機能を変更できるのです!マジか!マウスってそんなこと出来るんや!

m570t用ソフトウェアダウンロードページ




スポンサーリンク
設定方法

ソフトウェアをインストールすると、中央のコロコロも変更することが出来ます。

左クリックのさらに左にある2つのボタンも、アプリケーションごとに機能変更出来ます。感動!

まとめ

というわけで、「いったんボールマウスを使いだしたら、もう普通のマウスには戻れないよ!」って言ってる人の気持ち、めっちゃ分かったわー!

とにかく操作をするのにあんまり力を要しない。普通マウスの時も力なんてそんなにいらなかったけど、それと比較してもいらない!

それとコロコロの気持ちよさが相まって、なんか手になじむってこういうこと?って感じ!

あー、もっと早く買っとけばよかった!家用にもう1個買っちゃおうかなー。

みんなにも、ぜひぜひ試してみてほしいっす!めっちゃオススメっす!

スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら