長男が「俺は東大に行く」と言ってきた。

でも今年長男は大学受験ではなく高校受験。大学はまだ3年以上先。

成績は中の中くらいだから、正直なところ目の前の高校受験を精一杯頑張ってくれればそれが一番安心するのだが、目標は果てしなく高いらしい。

小さい頃から灘高校の文化祭に連れて行ってたのが功を奏したかな(笑)

目指さなければ受からない

東大は今の彼にとっては確かに高い目標ではある。しかし彼は東大実現のための1つ目のハードルをクリアした。

それは、東大を目指すと宣言したこと。

世の中には「俺には東大なんて無理無理~」と、視野に入れる前から諦める人がどれだけ多いことか。

目指さなければ絶対に受からない。長男の言動は、それだけでも評価に値する。

長男の次の行動

次に彼は、僕に質問してきた。

「父ちゃんはどうやって東大受かったの?」

先人に力を借りるのは、さらに素晴らしい。その通りやれば十分可能性が高まるはずである。

なので僕はそれに可能な限り答えてやる。




スポンサーリンク
僕の勉強の記憶とアドバイス

・高校に入るまでの春休みの間の宿題が『高校1年の数学を終わらせてこい』だったから、2週間くらいでチャート式の数Iと数A終わらせたこと

・高校3年までの勉強は基本的に高2までで終わらせ、残りの1年は完全に入試対策の1年だったこと

・社会は日本史と地理を選ぶこと

・歴史は細かい単語なんてどうでもいいから、大きな流れ、歴史的背景をつかむこと

・国語は古文と漢文に慣れること。内容は小学生レベルの文章なので表記を理解するだけだということ。

・いかに数学が得意でも、東大の理系の数学は発狂的に難しいこと。

・なので数学が得意だからあえて文系を選び、数学で大きな差をつけて逃げ切る戦略をとったこと

・英語は結局最後まで苦しんだこと

・東大向けの勉強しかしてないので、東大以外は通らないかもしれなかったこと

・もし理系を選ぶなら、僕は全くアドバイスできないこと

うーん、上手く言えないけど、とにかく高校1年生の勉強なんて春休みの2週間で終わらせて、とっとと高2の勉強終わらせて、大学受験の勉強しろっていうことかなあ。一番大事なのはスピードかな、たぶん。

大学受験は、全力の高速PDCAが全てなのだ!

まとめ

というわけで、子供が「東大に行きたい」なんて言い出すのは、非常にチャンスなのだ。

3年間、本当に全力で東大に通るためだけの勉強をしさえすれば通るよ。いやホントに。

東大に通るためだけの勉強を3年間続けてやれば、たぶん東大だけは通れるようになる!

なので、「なにあんた、バカなこと言ってるの」とか言っちゃダメよ。

さあ、今は全然勉強にベクトルが向いてない長男ではあるけど、高校はどこでもいいから、大学は東大に行けるなら行ってほしーい!

長男がどこまで本気か分からないけど、頼ってきたら全力で応えてやろうじゃないか!

そのためにも、ブログにもヒントちりばめとくよ!

とにかく頑張れ!以上!

(関連リンク)
・ドラゴン桜の「教えてやる!東大は簡単だ!」を検証してみた
・大人になってから分かってきた東大日本史の奥深さ
・受験生必見!一番効率いい受験勉強のやり方はこれだ!
・息子が東大に行きたいって言いだしたので全力でサポートしたいが、大したことが言えないw

スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら