長男が都立高校を受験するにあたり、学校説明会に行ってきました。

そこで思いもよらない男女差を知ってビックリしたので、ちょっと書いとこ。

男女別に定員がある

長男の受けようとしている都立高校は、男女別に定員があります。

定員は半々ずつ、男女同数が受かるとのこと。

なるほどー。男女の数が同じ方が健全な感じがするもんなー。

そう思ってました。そう、この次の説明を聞くまでは・・・

男女の合格点が全く違う

次の説明を聞いて、ビックリ!

男女の合格点が全く違うのだ!

先生「えー、昨年の実績から申し上げますと、男子の9科目の内申点の平均は、4が6つに、3が3つです。」

うんうん、うちの長男もなんかそんな感じだったかも。

先生「次に女子の9科目の内申点の平均は、4が8つに、5が1つです。」

・・・マジか!!!なにそれ?

女子は3がついてたらお話にならないじゃん!

うちの子がそれくらいの内申取れてたら、さらに上の都立目指せるんですけどー!!!




スポンサーリンク
親としての本音

いやー、これもし僕が女子生徒の親だったらブチ切れるわー。

「アホな男子を入れるくらいなら、その分努力していい成績を取った女子を入れろよ!成績に男も女も関係ないんだから、男女同数取るという見かけの公平性じゃなく、ちゃんと成績で判断しろよ!」

絶対こんな感じの意見をどっかに出してたんじゃないかと思う。

まあうちは利益を得る方なのでありがたく受け入れるけど。

一体なんなんだろうね、この制度。いやー、理不尽極まりない!

まとめ

というわけで、都立を受けるための内申点のバーは、同じ高校でも女子の方が圧倒的に高いのだ!

この話を聞いてから、帰り道にすれ違うこの高校の女子のオデコには4と5が、男子のオデコには3と4が書いてあるように感じちゃって、ちょっと困ったわ(笑)

長男よ、この高校入ったら周りの女子はみんな賢いと思うけど、まあ上手いことやってくれい!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら