僕は基本的に女性の味方なんだけど、どうしても気になることがあるから書いちゃう。

「女性専用車両の隣の車両に乗ってくる女の人って何を考えてるの?」

僕の考え

朝8時、東京の電車は通勤で一番込み合ってる時間。少しでも空いてる車両に乗りたい僕はこう考える。

「女性専用車両は比較的空いてる。それなのに女性専用車両の隣にわざわざ乗り込んでくる人は少ないだろうから、女性専用車両の隣のドアが男性比率100%に近く、女性が少ない分空いているはずである!!!」

しかし、世の中そうそうロジカルには動かないのである。

僕が女性専用車両の真横のドアで並んでる時、スマホを見ながら若い女性がスッとこっちの列に並んだのよ。

いやー、別に女性はどの車両に乗ってもいいんだけど、あと数m歩いたら空いてる車両乗れるのになんで乗らないんだろう?

あまりにも分からんから、まなどん(妻)にインタビューしてみた。




スポンサーリンク
まなどんへのインタビュー結果
香水臭い

僕「ねえ、わざわざ女性専用車両の隣に乗ってくる女の人って何考えてんの?」

まなどん「あー、私が妊婦の時は、香水の匂いが全くダメだったから女性専用車両は絶対NGだったかも」

僕「おお、香水の匂いなんや!入ったことないから分からんかったわー」

うん、ちょっと納得。

何も考えてない

僕「他には?」

まなどん「一番多いのは、何も考えてないって感じかも」

僕「・・・やっぱり?」

まなどん「それ一番キライな回答でしょ(笑)」

まなどん「イライラしないように、女性専用車両の隣に乗るのやめたら?」

僕「相変わらず、手厳しいのうー」

まとめ

ということで、女性専用車両の隣に乗る女の人が考えてることを考えた結果、『何も考えてない』が一番多いって結論に至った(笑)

いやほんま、女性は全員女性専用車両乗りなさい!とは言わないから、せめて女性専用車両の隣のドアから乗る女の人は、どっちの車両でもいいんなら1つ隣から乗ってほしいなあ。

以上、男性視点での心の声でした!

スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら