2018年1月22日、「Amazon Go」の1号店がついにシアトルにオープンした!!!

Amazon Goとは

Amazon Goは、Amazon.comが運営する食料品スーパーマーケット。しかし、通常のスーパーマーケットとは大きく違う。

何が違うかというと、レジが無いのだ。レジが無いということは、レジを待つ時間も無くなり、ものすごく効率的になるのだ!

Amazon Goの仕組み

気になるAmazon Goの仕組みはというと、、、

1. アプリを立ち上げて入店

来店者はAmazon Goアプリを立ち上げ、バーコードを入り口の自動改札に読み込ませることで入店。これで、入店時に来場者とそのAmazonアカウントを紐づけるのだ。

2.センサーカメラでカスタマーの動きをキャッチ

店内に散りばめられた数百ものカメラとセンサーが、カスタマーの動きを正確に読み取る。そしてそのカスタマーが商品を手に取った段階で、その人のAmazonアカウントに紐づけられるのだ。

その人が棚にあった商品を元の場所に戻すといった動きもちゃんと察知してるみたいね。ちょっと安心。でも友達の代わりに商品を取ってあげると、友達ではなく自分のアカウントに課金されてしまう。

3.商品を選んだあとはそのまま退店

そしてカスタマーが商品を選んだあとはそのまま退店すれば、買い物完了!

レジでいちいち支払いをしなくても、後で自分のAmazonアカウントに買い物した分だけ請求がいくのである。




スポンサーリンク
店舗側の改革

これは店舗運営の視点からすれば、非常に大きな革命である。

人件費削減

レジが無いので、そもそもレジ打ち業務に関わる人件費が不要になる。人の仕事は、商品の陳列業務がメインになるのだろう。

強盗の出る幕が無い

強盗が入って「金を出せ!」と言っても、そもそもレジが無いので現金がない。かなりのリスク削減である。

万引きの概念がなくなる

入って商品を手に取って店から出るだけでAmazonアカウントに課金されるので、そもそも万引きという概念がなくなる。これは店舗視点だと意外と大きいかもしれない。

1年間の万引き認知件数は15万件ほど。認知されている件数なんて氷山の一角だろうから、その被害額は相当なものとなるだろう。しかも万引きは原則として損害保険の対象にならない。それゆえ万引きがなくなるだけで、純粋に万引き引当金のようなコストが一切不要となるのだ。

まとめ

来るぞ来るぞと言われ続けて、とうとう来たAmazon GO。

その革命的な店舗が日本に上陸するのはいつになるのか。

その時が非常に楽しみである。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら