巷ではビットコインが儲かる儲かると言われているけど、全然ついていけてないす。

ビットコインに対して思うこと

「あるもの」に価値がついて、それを皆が急激に欲しがるものだから値段が急騰。その急騰を見て皆がさらに群がって急騰が止まらない・・・

その構図は理解できる。

だけど、そもそもの「あるもの」が結局のところ何なのかが全然分からないのだ。

詳しい人からすると、「ビットコインはマイニングをすることで得られるが、2100万枚という上限が・・・」とか、「ビットコインにはブロックチェーン技術というのがあって、これは革命的技術だ・・・」なんてことを色々言うんだろうけど、全然分からん(笑)

ビットコインは1600年代のチューリップバブルに例えられることもあり、また逆に識者には「ビットコインを語る時にいまだにチューリップという単語を出す輩もいるが・・・」と言われることもあるが、僕にとっては全くもってチューリップと同じにしか見えないのである。

チューリップバブルについて

若い人たちに「ビットコインってオランダのチューリップみたいだよね」って言ったら「なんすか、それ?」みたいな反応だったので、ちょっと説明を。(Wiki抜粋)

1600年代のオランダにおいて、チューリップは従来の花とは異なる美しい花であったため、贅沢品として取引されていた。ここに赤白黄色だけではなく新品種として多色や縞模様のチューリップが現れると、取引金額が上昇した。

この動きが激しく加速したのが1636年11月~1637年5月のこと。この時期になるとチューリップの球根の先物市場も出来上がり、実際の球根を見たこともない人が売買契約だけを交わしていくようになる。またこの期間には、それまで10ギルダー程度だった単色のチューリップの球根ですら何百ギルダーで取引されるようになった。

この時期、人々はまるで蜂蜜のつぼにハエが群がるようにチューリップ市場へ押し寄せた。チューリップ熱は永遠に続く。だれもがそんな想像を巡らせていた。貴族、市民、農民、商人、漁師、従者、使用人、煙突掃除人や洗濯婦までもがチューリップに手を出した。

転売益を目当てに買う人々で球根の値はどんどん上がった。しかし1637年2月、チューリップの売り手は、高騰した球根の買い手を見つけることができなくなった。そうと知れ渡った途端、チューリップに対する需要は崩壊し、価格は暴落した。投機バブルが破裂したのである。




スポンサーリンク
チューリップバブルと同じに見える理由

僕はどれだけビットコインがチューリップとは違うんだ、技術的に確立されたものなんだと説得されても、どうしてもチューリップバブルと同じであるという感覚が払拭できない。それには3つの理由がある。

1つ目の理由:取引対象がなんでもよくなっている

ビットコインがどれだけ優れたものであろうとも、売買している人の大半はそれを理由に取引をしているわけではない。結局のところ、みな転売益を目当てに購入しているのであり、それは実際の球根を見たこともない人が売買契約を交わしている状態と何ら変わりがない。

そしてそれは取引の対象がビットコインでなくてもいいということであり、そもそも数字だけが独り歩きしている危険な状態であるのだ。

2つ目の理由:市場の末端の人々まで参加している

誰もかれも、今まで投資の「と」の字も知らなかった人が「ビットコインってなんか分からないけど儲かるんでしょ?」と言いだしている。

ブラックマンデーで靴磨きの少年が「おじさんは株をやらないの?」と言い出した矢先に大暴落が来た話や、上記のように使用人や洗濯婦までもがチューリップ市場に目の色を変えて参入をした段階で暴落した話など、こうした話は枚挙にいとまがない。

Facebookのビットコインで儲かったという投稿に対して、「口座の開き方を教えてください!」、「すごいですね!私もやってみようと思います!」などのコメントのやり取りを見るにつけ、ああもう危ないなと思ってしまうのである。

3つ目の理由:ビットコイン以外の仮想通貨の乱立

チューリップの球根バブルは、最終的にチューリップの球根であれば何でもいいとばかりに、単色の球根ですら高値で取引された。これはまさに草コインと言われるなんかよく分からん仮想通貨ですら、仮想通貨であれば何でもいいと取引されているのと非常に似ている。

==========
上記の3つ理由より、ビットコインがいかに優れていようが、市場参加者の心理はチューリップの球根と何ら変わりがないと言えるのではないだろうか。

まとめ

こうした理由から、僕は頭が固いとか、時代についていけてないと言われようとも、

『ビットコインはチューリップと同じ投機対象であり、現在の取引価格と釣り合った価値ではない可能性が高いため、暴落が近いと考える。それゆえ絶対に購入しない』

ということを強く心に誓っているのです。

儲けてる人から見れば、めちゃくちゃ機会損失してるように見えるんだろうなー。でも他で稼ぐから問題ないっす!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら