昨年末にふるさと納税をした際のワンストップ申請書類を各市町村に申請したんだけど、ミスるところだったー(汗)

ふるさと納税のワンストップ申請とは

ふるさと納税のワンストップ申請とは、もともと確定申告する必要のない人が、1年に5ヶ所の市町村までのふるさと納税であれば確定申告をする必要がないという制度。(10個納税しても、5市町村までなら利用できます)

2017年度のふるさと納税に関する書類を2018年の1月10日までに対象市町村に送れば、各市町村が処理をしてくれます。もしこの期限に間に合わなかった場合は、期日までに確定申告をすることで還付されます。

ちなみにワンストップ申請を利用すると全額住民税からの控除、確定申告だと住民税からの控除+所得税からの還付という形で寄付金が返ってきますが、その金額合計は変わりません。




スポンサーリンク
ミスったこと

僕が見落としてたのは、申請書類の右肩のある整理番号。

何枚も別々に印刷している際、1回「あれ?今の印刷したかな?」みたいになったんだけど、そのまま出力。その後枚数確認してちゃんと出力されたことは確認したんだけど、整理番号があるのを見落としてた。

マイナンバーカードの表裏のコピーもつけて1申請当たり3枚×申込数。これを全部各市町村に振り分けて封筒に入れて、後はまなどん(妻)に郵便局に出してもらうことに。

普通はここまで僕がやったら、後は封をして郵便局に出すだけだよね。でもまなどんは違ったのだ!

僕が振り分けた書類を1枚1枚全てチェックして、整理番号も全て見て、何十枚の書類に不備がないかを確認!そしてミスを発見して僕に電話!

まなどん「ねえ、プリントしてくれた書類、1枚整理番号がダブってるんだけどー」

僕「やっべー、きっとあの『あれ?』ってなったトコだわ・・・」

まなどん「とりあえず全部突き合わせて、再印刷がどれか後で言うねー」

うおおおお!まなどんマジで神!あっぶねえぇぇ!

まなどんは「ずっと経理やってたから職業病だよね、あはは(笑)」とか言ってたけど、整理番号って19桁よ?よくそんなん気づいたね。これはマジ尊敬するわー。

▼ちなみに整理番号ってこれね

まとめ

ふるさと納税の書類って一気にプリントアウト出来ないから、1枚ずつ出してるうちに気がつかない間にダブったりしてるかもよー!って言うか、ダブってたんだけども(汗)

数が多い人は申請の際に気をつけてちょ!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら