2018年、友人から僕のところに届いた年賀状は1枚、出した年賀状は0枚。

毎年年賀状送ってくれるF氏、ありがとう!

僕の年賀状スタンス

さて年賀状だけど、僕はここ10年くらい年賀状を自分から出さないスタンス。

昔は1年に一回、年賀状の写真でしか顔を見ないつながりっていうのもあっただろうけど、さすがに今はFacebookやブログでこれだけ毎日情報出してたら、わざわざ書面で「元気ですか?」っていう方が変だわな。それだったらブログやFacebookにコメントもらった方が何倍も嬉しいわー。

そう考えて「もう年賀状は出さない!」って決めたら、年末の大仕事が1つ減ってめちゃんこ楽に。

そして別に出さなかったからといって、誰も何にも言ってこないしね(笑)

年賀状の発行枚数

大体、まだ年賀状書いてる人ってどれくらいいるのよ?もう20代はほぼ皆無で、30-40代も年賀状出さない方向に移行してるっしょ。

そんなことを思いながら、年賀状の発行枚数を調べてみたよ。


※データソース:日本郵政プレスリリース

2006年の44.6億枚をピークに右肩下がりで大きく減少。特に2017年-2018年は31.4億枚から25.8億枚(前年比‐17%)と下げ幅が加速。もう完全にオワコンですな。




スポンサーリンク
年賀状やめるのは失礼?

上の数字を見る限り、みんなバンバンやめていってるよね。

みんな年賀状やめたいなーと思いながら周りの様子を見ていて、過半数がやめ出したタイミングで一気にやめる方向に流れていくんじゃないかな。今年の17%減はそろそろその兆候が表れてきた感じだし、もうそろそろだね。

だから別に年賀状やめるのは失礼じゃないと思うよ。当然の時代の流れだと思うな。

まとめ

もちろん年賀状出すのが好きな人もいるし、お正月にコタツに入ってミカンを食べながら受け取った年賀状を見るのが好きな人もいるだろうから否定はしない。

うちもまなどん(妻)は出してるみたいだし。

でも、もし「あーメンドクサイなー」、「なんでこんな風習あるんだろー」とか感じてる人がいるんだったら、来年から思い切ってやめてみるのをオススメしまっす!

それでも失礼じゃないか心配?大丈夫大丈夫、誰も気づかないから(笑)

さあ、来年から年賀状の断捨離やー!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら