次男(小1)がプラバンやりたいって言うからやってみたよ!

実は家でプラバンをやるのは初めてだったんだけど、なかなか面白かったよ。

準備

まず必要なものは以下。
・プラバン
・紙ヤスリ
・マジック
・色えんぴつ
・穴あけパンチ
・ハサミ
・アルミホイル
・トースター
・平らにするための本

1.まず紙ヤスリがけ

プラバンは表にマジックで絵を描いて、裏に色えんぴつで色を塗るんだけど、プラバンに色えんぴつで色塗ろうとしてもツルツルで塗れないよね。

なので裏側だけヤスリがけをしてザラザラにし、色えんぴつで色が塗れるようにするのだ!

2.マジックで絵を描く

ツルツルの方にマジックで絵を描く!

何かを下に敷いて、絵を写すっていうのが王道ですな!

3.色を塗る

プラバンを裏返し、色えんぴつで色を入れていきます。横でドラえもんを緑で塗っている次男を見ると、『大人になって固定概念が出来てしまい、元の絵に沿った色しか塗れない自分』に気づき、寂しい気持ちになります。




スポンサーリンク
4.穴をあける

プラバンが縮んだ後にヒモを通す穴を先に穴あけパンチで開けておきます。

5.切る

四角いままのプラバンでもいいけど、キャラクターの絵に沿って切ってあげるのもいいよね。

6.トースターで温める

プラバンを熱した時にアルミホイルにくっつかないようにアルミホイルをクシャクシャにしてからプラバンを乗せ、トースターで温めます。

まずプラバンを入れる前にトースターを温めておくと、プラバンの縮み方が均一になり、上手くいきます。

プラバンを入れてトースターを1分にセット。事前に温めておいた場合、完成までの加熱時間は大体10~20秒。

10秒くらい経ったあたりからプラバンが縮みながら大きく反り返ってビックリするけど、その後また平らになっていきます。

プラバンは大体4分の1くらいの大きさに縮んだら縮むのが止まるので、止まったなと思ったらトングなどで取り出し、本の間に挟んで圧力をかけ、平らにします。

完成!

平らになったら完成!元の大きさと比べると、だいぶ小さくなったのが分かるよね。

ヒモを通してカバンなどにつけてあげてくださいな。

まとめ

プラバン作り、はじめてやったけどなかなか面白い!

次は何を作ろうかなーってワクワクしちゃう。

お子さんと一緒にどうぞー!

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら