うぇーーーい!

こないだ人生で初めてセグウェイに乗ってきたぜい!ミニの方だけどね。

セグウェイとは

セグウェイとは、アメリカで開発された電動立ち乗り二輪車。

大きいセグウェイだとT字のハンドルがついているものもあるけど、今回僕が乗ってきたのはスケボーみたいな形のやつ。

▼これね

どこで乗ったのか

会社の後輩がおしゃれな場所を借りたクリスマスパーティーに呼んでくれたんだけど、その時に一緒に借りてきてくれたんだよね。

みんなで乗って、結構盛り上がったよ!

ちなみにパーティースペースはこんな感じ。キッチンスペースまでついてて、オシャンティー過ぎてビビったわ(笑)

場所は、初台のコワーキング&レンタルスペースHANARE




スポンサーリンク
乗ってみた感触

始めはビビるけど、上に乗って静止するのはそんなに難しくない感じ。

で移動なんだけど、このセグウェイは左右2つの部分に分かれていて、それぞれ前に重心をかけると前に、後ろに重心をかけると後ろに進む感じ。

上に立って静止するのは簡単なんだけど、そっから先がなかなか思った通りに動かせなかったなー。

前への進み方

前に進むためには左右両方に同時に前に重心をかければいけない。これが結構むずかったー。

おもむろに前に倒れるとコケそうになるし、ちょっと右足だけ前に重心かかっちゃうと右足だけ進んじゃうし。

で、「どうすんの、これ?」って乗れる人に聞いたら、「握手するように手を前に出すのが一番近い感じ」だって。

その通りやってみたら、おお、上手いこと前に進む!

やっぱ知ってる人に聞くのが一番やなー。

左右への曲がり方、降り方

同時に重心をかけると前に行くけど、右足だけ前に重心をかけると左半身が止まって右半身だけが前に行くから、左に曲がる感じ。

同じように左足だけ前に重心をかけると右に曲がるわけだね。

ちょっと乗れば何となく操作の感覚つかめたよ。足じゃなくて腰で進むんやー!みたいな。

で、降りる時が結構怖くて、静止している状態から降りようとするとどっちかの足に重心がかかっちゃうでしょ。すると、降りようとしたタイミングでセグウェイが動いちゃうんだよね。みんな降りるのに「うおっ!あぶねー!」ってなってたなー。

まとめ

部屋の中を動く分には問題ないけど、これで外とか乗るのはちょっと恐いかなー。

でも、もう少し先の未来の人とかは、みんなこんなのに乗って通勤してたりしてね(笑)

ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら