我が家にAmazon EchoとGoogle Homeが同時に来てから早3ヶ月。

この2つのAIスピーカー、今ではまなどん(妻)の音楽プレーヤーと次男の「アレクサ、なぞなぞ出して」の相手しかさせられていない。

このままでは僕に何のメリットもないので、IFTTTに手を出してみることにした。

IFTTTとは

IFTTTはイフトと読み、IF This Then That.の頭文字をとったもの。

様々なアプリケーションをIFTTT上で連携させることができ、ThisとThatの部分にアプリケーションの動きをそれぞれ登録することで思い通りの動きをさせることが出来るという優れものなのだ。

しかし、いざIFTTT上で何かを連携させようとすると、そんな素晴らしいアイデアなんて出てこない。

そこでとりあえずAmazon Echoに「電話を探して」と声をかけることで、自分のスマホを鳴るように出来ないかやってみた。

1.IFTTTに登録

まずはIFTTTのサイトにアクセスして、登録。
https://ifttt.com/

2.Appletを探す

自分のスマホにIFTTTアプリをダウンロードし、ログイン。
アイコンはこれね。

ログインした後、Search画面で『Hey Alexa, call my device』というAppletを探す。パソコンの方が圧倒的に探しやすいね。

3.AppletをOnにする

右上の歯車マーク(設定)で『電話を探して』というフレーズを設定してセーブする。

4.Amazonアカウントと紐づける

AppletをONにしたら、後はIFTTT上で自分のアカウントをAmazonアカウントとヒモづけて完了!

これでAlexaに声をかけたら、そのAlexaのAmazonアカウントが紐づいているIFTTTに命令が送信。そして電話が鳴るという仕組みですな!

わくわく!




スポンサーリンク
いざ実践!

僕「アレクサ、電話を探して!」

Alexa「すみません、分かりません」

僕「アレクサ、電話を探して!」

Alexa「すみません、分かりません」

僕「えー、全然アカンやん!」

で調べてみたら、なんと!「Alexa、電話を探して」では動かない。「Alexa、電話を探してをトリガー」と言わないとAlexaはIFTTTにつないでくれないんだって!

それを自分で解決するのはハードル高すぎるなー。Googleさまさまですな!

再挑戦!

僕「Alexa、電話を探してをトリガー!」

Alexa「IFTTTに送信します。」

電話「プルプルプル」

おおおおおー!来た来た来た!うれぴー!

何回か試してみる

設定した時は出来たんだけど、数時間後に試してみると鳴らない。

Alexaはちゃんと「IFTTTに送信します。」って言ってるのに電話が鳴らないんだよね。

そして色々試してみてようやく分かった!

スマホアプリでIFTTTを立ち上げていない状態でAmazon Echoに声をかけても、「IFTTTに送信します」とは言われるのに電話が鳴らないのだ!

ということは、IFTTTをスマホ側で常に立ち上げとかないといけないわけ?

うーむ、それはあまり実用的じゃないかも・・・。僕の勘違いか何かかなあ?

まとめ

Alexaが出来て多分IFTTTももっと色んな事が出来るんだろうとは思うけど、今のところはまだイマイチな感じ。

eRemotoなんかの商品をちゃんと組み合わせればもっと何か出来るんだろうけど、今のところここまで。

もっとAlexaやGoogle Homeを活用したいぜい!誰かいい使い方を教えてー!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら