『子供が急にいなくなる』

そんなこと普段あんまり考えたことなかったけど、いきなり目の前にそんな状況が来た時、本当に自分の無力さを感じたよ。

事の発端

先日大阪に戻った時、僕とまなどんと長男の3人で、勝間塾のみんなと人狼ゲームに参加したんだよね。

18時くらいまでゲームを楽しんだ後にみんなで飲み会に行ったんだけど、大人たちが団らんしている中、長男は話に混ざれずにずっとスマホでゲーム。まあ15歳の男子なんてそんなもんだわな。

もっと小さい時はそれでも親と一緒にいないと帰れないから我慢するんだろうけど、長男はもうでかいので、帰ると言い出した。

長男「先に帰るから金くれ」

僕の実家は電車だけでなく、山奥までバスに乗らないといけないので片道だけでも結構なお金が必要。とりあえず1000円渡して「気をつけて帰れよ」と彼の背中を見送った。

飲み会のあと

さて、その後たっぷり1時間以上おしゃべりを楽しんだあと、ぼくとまなどんは電車を2本乗り継ぎ、さらに山奥行きのバスに30分ほど揺られて帰った。

その帰り道、実家のオカンに長男が帰ったか聞くも、まだ帰っていないとのこと。そこでふと不安がよぎった。

家について

21時過ぎにお店を出たものの、家に着いたのは22時半頃。オトンとオカンはいれど、そこに長男の姿はない。

「やっぱり帰ってなかったか、、、」

多分お店を出たあと、京橋のゲームセンターに行ったんだろう。そこまではこれまでの言動から予想がつく。だが明らかに遅い。遅すぎる。

ここはいつもの慣れた東京ではなく、大阪。しかも治安が悪そうなゲームセンター。

さらに23時半の終バスの時間が迫っている。これを逃すと帰れない。

長男のラインにメッセージを送っても一切既読がつかない。

怒られると思ってわざと読まないのか、それとも何か読めない事情があるのか。。。

ラインを送るしか出来ないなんて、本当に情けないが、どうしようもなかった。

空手もやってることだし簡単に誘拐なんかはされないだろうけど、変なヤンキー複数人に囲まれたらマズいよな・・・とか変な想像ばかり頭をよぎる。

何も連絡が無いまま23時半を過ぎ、終バスが無くなる時刻を過ぎると、どっと後悔の波が押し寄せてくる。

なぜ一人で帰らせたのだろうか・・・

なぜゲームセンターに寄れるくらいお金を多めに渡してしまったのか・・・

いつもは長男の帰りが遅くなると、まなどんが「どうしよう、警察に行った方がいいかな・・・」と言い出して、「大丈夫大丈夫、0時過ぎたら言おうじゃないの」なんて僕がフォローしていたのに、今回は僕まで心配で心配で胃が痛くてたまらなかった。




スポンサーリンク
そして帰ってくる

23時40分を過ぎたころ、ドアがガチャリと開く音がして長男が何食わぬ顔で家に戻ってきた。

「このアホがー!連絡もせんと、どこほっつき歩いとったんや!」

と言いたいところだが、そんな言葉より先に安堵の涙が出てきた。

その僕の顔を見て、長男はまたキレる。

長男「京橋のゲーセンでゲームした後に帰ったんだけど、電車で降りる駅を間違えて、その後もう一回乗った電車で寝過ごして一駅先に行っちゃったんだよ。連絡取れなかったのはスマホの充電が切れたんだから仕方ねえだろ!」

まあいいよいいよ、とにかく生きて戻ってきてくれてよかった。

大げさだって?でもこれで子どもが帰ってこなくて行方不明になることだってあるわけで。

15歳のガタイのいい男子でもこれだけ心配なんだから、女の子の親ともなるとどれだけ心配なんだろうって思うね。

自分の若い頃を思い出す

そんなことを考えてたら、自分が若かった頃を思い出した。

僕たちも若い頃って、「自分はもう大人だし、自分の好きなように生きるわ!」って思ってた。どこに泊まるのも、誰といるのも自由だって思ってた。

でも、それは家族と離れて暮らしている場合の話。

家族と一緒に住んでるのに、連絡もせずに彼氏/彼女の家に泊まるとか、子どもの立場だと普通にしちゃうけど、今思うと親の立場からだと本当にありえない。

帰ってくるのか来ないのか、事故なのか彼氏/彼女なのか・・・心配で心配でたまらないよね。

なので、これを読んでる親と同居してる若い人たちにこれだけはお願いしたい!

『お泊りする時はちゃんとお父さんお母さんに一報を入れること!』

お父さんお母さんをこんな気持ちにさせちゃいかんよ!

まとめ

東京に帰る前日にこんな経験をするとは思わなかったなー。今回の件で、なんか色々分かったよ。

今回良かったことは、、、

親の心配を身に染みてわかったこと。

そして何より、子どもの大切さを改めて知れたこと。

いつもは悪態つくし、喧嘩するし、クッソー!と思うことも多いけど、それでもやっぱり子供のことが大切なのだなということを感じた1日でした。

帰ってきた長男の顔を見た瞬間にグッタリ疲れたけどね。

まあ何も無くてなにより!めでたしめでたし

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら