先日、ついにお掃除ロボット「ルンバ」を購入しました!

正直僕は「掃除機かければいいじゃん。ルンバなんか要らないっしょ。うちは床に物が散乱してるから、どうせ使えないよ」と思ってました。

ところが買ってみてその意見は180度肯定側に(笑)

すげー!ルンバすげー!

ルンバのいいところ

ルンバのいいところは、「自分がいない時」に掃除をしてくれるということ。

自分たちが出かけてる間に、勝手に部屋がキレイになってるというのは、最強の時間の有効活用法!

いや、頭では理解してたんだけど、いざ実際に体験してみるのとは全然違って。

「出かける前に掃除しなきゃ!」
「じゃあ出かけてる間にお手伝いさんにお願いしとけばいいんじゃない?」

みたいな感覚。ちょっとしたセレブ感(笑)

どれだけゴミが取れるか

とはいえ、僕たちが出かけてる間にルンバがどれくらいゴミを取ってくれるのかはちょっと懐疑的だった。

だって目がついてるわけでもないし、部屋をジグザグに進むだけなんだから、本当に部屋をくまなく掃除してくれるの?って思うよね。

だから僕達が家にいる間に稼働させてチェックしてみたよ。

そしたら・・・すげえ!!!

離れた別の部屋までちゃんと行くし、何度も往復して掃除してくれるし。

その結果がこれ!!!
▼ゴミ

うおおおお!めっちゃゴミ取れてるやん!うちこんな汚れてたんか!?

そうだね、よく考えると、人が自分で掃除機をかけてもせいぜい1ヶ所に数往復くらいしか掃除機をかけないけど、機械だと1時間くらいかけて何度も何度も入念に掃除機をかけてくれるんだもんね。

そっかー!おおー、めっちゃええやん!

あ、色んな部屋に行ってくれるけど、ほっといたら玄関に落ちて戻れなくなってしまうので、付属のバーチャルウォールを玄関に置いておくべし!

そして最後には、勝手に自分の電源があるホームに戻るのである。

ホームの置き場所は一番邪魔にならない椅子の下にしちゃった!大丈夫かな、ちゃんと戻れるかな?って思ってたけど、毎回ちゃんと戻ってるので問題なかった!ここに置けたのは一番の収穫!うれしー!




スポンサーリンク
僕達が買ったルンバ

僕たちが購入したのはAmazon限定モデルのルンバ691(通常の690と同等)。

Amazon Echoを使って声で掃除を開始できるWi-Fi対応モデル。

上位機種には部屋の形状を記憶するモデルや、底面のブラシがゴムローラーになってて髪の毛が絡まないようになってるモデルもあるんだって!

でもうちはペットもいないし、部屋数もボチボチなんで、とりあえずスマホやAmazon Echoで操作できるだけでいいんじゃない?っていうことでこのモデルにしたよ。

でもルンバをWi-Fiにつなぐのにちょっとだけ設定に戸惑ったなあ。だって説明書に書いてないんだもん(笑)

ルンバのWi-Fiへのつなぎ方

ルンバをWi-Fiにつなぐためには、まずiRobotっていうアプリをスマホにインストールする。

ログイン設定を行った後、Wi-Fiの中からルンバを探してくださいっていうプロセスがあるんだけど全然見つからない!

ネットで調べてようやく解決。ルンバ側をWi-Fi設定モードにしないといけなかった!

ルンバをWi-Fi設定モードにするにはCLEANの上と下にあるボタンを同時に長押し。これでWi-Fiアイコンが緑色に点滅し出して、スマホアプリが選んだ接続先に繋がったら、Wi-Fiアイコンが白点灯に変わるよ。

これで、スマホのCLEANボタンを押すだけでルンバが動き出す!

Amazon Echoでも操作

せっかくAIスピーカーを買ったので、Amazon Echoでも操作してみよう。

スマホにAmazon Alexaのアプリを入れ、ルンバのスキルを入れる。

そして、「アレクサ、ルンバを使って、掃除して」と言えばルンバが動き出すのだ!

この『ルンバを使って』を言わないといけないのがミソ。

したがって、ルンバをホームに戻す時には、「アレクサ、ルンバを使って、ホームに戻して」と言わないといけないのである。なんか違和感(笑)

でも、これで僕んちもちょっと進化した感じがして嬉しいす!

まとめ

こうしてまなどんから何回も何回も言われていたにもかかわらずようやく購入したルンバ、マジ最高っす!

ぜひみんなにも、この良さを味わってもらいたい!

反対してるダンナさん、あなたの気持ち分かります(笑)

でも大丈夫、僕が良さを保証しまっす!!!

▼ルンバ691単体もあるし、Amazon Echo Dot付きのモデルもあるよ

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら