先日会社の健康診断があったよ。胃の検査でバリウムか胃カメラかを選択できるんだけど、まあずっとバリウムだったからいいかと思ってバリウムを選択。

で、バリウム飲んできたんだけど、検査の後がほんと大変だった・・・

検査のあとの下剤

バリウムは飲んだその日のうちに出さないと体内で固まってしまうというので、下剤を飲んで、水を大量に飲んでとにかく出す必要がある!

…なんだけど、下剤があまり効かず、会社にいる間には全くもよおさず。

あまりにも出ないもんだから、夕食後に再度下剤を飲んだのです。

夜中の格闘

ところが、夕食時に飲んだ下剤が効き出したのが夜の3時頃。

もうそこから4時くらいまでノンストップ。

もうほんまグッタリですわ。

そして、そのグッタリに、さらに拍車をかける出来事が!!!




スポンサーリンク
トイレでの悪夢

下剤の効果で襲ってくる腹痛に耐えながら何とかバリウムを体外に排出。

で、水を流すと、、、あれ?バリウム全く流れない!

バリウムが重い & 陶器にくっつく効果 & 家庭用トイレが節水のために流れが弱いということがあってか、水を流しても流してもビクともしないのである。

うおー!今まで会社のトイレで流してたから、そんな事になるなんて想像もしてなかったわ!

とりあえず仕方がないので、お腹も痛いし夜中で眠たいにもかかわらず、ワリバシでかき混ぜて事無きを得た。

さてそれはいいとして、迫り来る腹痛から第2弾、第3弾が来るのは容易に想像できる。毎回ワリバシはイヤだし、とはいえ考えている余裕はない。さてどうするか、、、

ググってみると、同様のことが結構起こっている模様。なになに…?
・50度くらいのお湯を流す(割れるから熱湯厳禁!)
・しながら水を流す
・先にトイレットペーパーを水に浮かべておき、沈む前に流す

なるほど!この選択肢ならお湯よりトイレットペーパーやな!

腹痛をガマンしながら水の上に厚めにトイレットペーパーを浮かべて、出すと同時に流す!3つの選択肢のうち2つのコンボやー!!

結果は、、、

おお!完璧!何も残ってない!

てなわけで、その日は夜通し「腹痛→トイレットペーパー敷き」を繰り返したのだった。。。

まとめ

まさか家のトイレの水流が弱いというトラップがあるとは思わなかったけど、それを抜きにしても、もうバリウムはやめる!

まなどん(妻)も、「バリウムってあんな影だけで細かいこと分かるわけないじゃん、あれで影があったら結局胃カメラで精密検査だよ」って言ってたし。

だよなー。しかも即刻体外に出さないと危険なものをわざわざ飲んで検査とかよく考えたらおかしいわ。やめよやめよ。

よし、次からは、胃カメラを選ぶで!

…でも、胃カメラの方が、バリウムの何倍もつらかったらどうしよう(笑)

検査中につらいのと、検査後につらいの、どちらを選ぶか、それが問題だ。

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら