ある日家に帰ると、みんなニコニコ。

まなどん「炭酸作れるやつ買っちゃったー!」

長男「マジでこれはヤバい!簡単すぎ!」

じゃーん!これがソーダストリームやー!

なんとコンセントも不要で、どこにでも置ける!

長男「めちゃくちゃ簡単だよ!」

おお、マジか!ちょ、ちょっとやってみて!

ボトルに冷たい水を入れる

とりあえず炭酸は冷たい方が水に溶けやすいので、冷たい水を準備。専用の1Lボトルの波線まで水を入れる。ちなみにうちはソーダストリームを買ってから、冷蔵庫にめっちゃ大量に水が冷やしてある(笑)

専用ボトルを本体にセット

当たり前だけど、専用ボトルだからちゃんとハマるね。

あとは押すだけ

セットが完了したら、本体上部に手を添えて・・・

押すだけ!ブシャアァァァァァ!!!

押してる間に今の炭酸レベルをランプで教えてくれる!うちはいつも強炭酸!

この間、わずか数秒!

これだけであっという間に炭酸を1L作れてしまうのです。すげー!

コスパ

じゃあこれがどのくらいコスパ良いのよ?って話なんだけど、みんなそこ気になるよね?

今までうちはAmazonでウィルキンソンとか買ってたわけだけど、それだと500mlのペットボトルが24本で1,800円ほど。つまり75円/本であり、150円/Lということになる。

今回本体が20,520円、炭酸ガスの交換用ボンベ60L用が3,703円(初期セットに1本付き)、すなわち61円/Lであることを鑑みて損益分岐点を計算すると・・・

おお、ソーダストリーム本体を入れても190Lで損益分岐点が来る!

2日で1L飲んでたら大体1年で元が取れる計算だね。

うちは長男が一回の食事で1L炭酸作ってそのまま1L飲んじゃうし、学校でペットボトルの炭酸とか買って飲んでたことを考えると、もっと損益分岐点が来る時期は前倒しになる感じだね。

しかも当たり前だけど、2年目以降はどんどんオトクになっていくだけの構図だし。ええやんええやん!

まとめ

ということで、うちは常に炭酸飲むようになったのです。

まあ炭酸だと何かを割るのにも使えるし、用途は多岐に渡るよね!

炭酸の質にも、炭酸ができるスピードにも超満足なので、炭酸好きな人はぜひお試しあれ!

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら