最近僕の周りで話題のフジムケコーヒーに立ち寄ってフジムケカレー食べてきたー!

うまうま(´∀`*)ウフフ

僕はこういうの提供してる友達が少ないので、これは一度食べに行かねば!と思って!

フジムケコーヒーとは

友達のふじもとあつしさんが色んな所でやってる出張コーヒー屋さん。

現在は固定の店舗でやっているわけではないのでどこでやってるかはFacebookを要チェック!

一押しメニューはバターコーヒー(500円)だそう。

ブラックもあるよー!しかもふわっふわ!

なんでこんなにふわっふわなのって?なんとコーヒーは店長自らがシェイカーでシャカシャカフリフリして作るのだ!

ちなみに今は、毎月第1,第3月曜日はアロマカフェで出張フジムケコーヒーやってるって!

更に最近はカレー(1,000円)も始めたのだ!

あつしさんの色んな顔

あつしさんは本当に多才で色々な顔を持ってるんだよね。

1つ目の顔:フジムケコーヒー店長

自分のコーヒーのおいしさをみんなに伝えたい!っていう愛をめちゃくちゃ感じるフジムケコーヒーの店長としての顔。

2つ目の顔:カレー作りめちゃ上手い

なんとコーヒーより前からカレーに関しては色々なところで作ってきていたらしく。

今回提供してもらったカレーはなんとスリランカのスパイスをふんだんに使ったカレー!こんなんなかなか食えませんよと。

3つ目の顔:映画監督

ふじもとさんはクラウドファンディングで製作資金を調達し、完全自主製作で摂食障害に関するドキュメンタリー映画”dieAter”の監督もしてるんだって!今はYoutubeで全編公開されてます!

全部一緒に

そして今回あつしさんは、高田馬場のWecookというイベントスペースを借り、全ての顔を一緒に見せてくれました。

映画製作で関わった摂食障害の方の個展で、フジムケコーヒーとフジムケカレーを提供!

こ、これぞフジムケ全部乗せやーー!!!

この個展では、同じ悩みを持つ方々がお話をしにきたりして、たくさんの出会いと繋がりを作っているようです。マジすごいす!

そういう背景もあり、僕は今回全部乗せを体験すべく、高田馬場wecookに足を運んだのです。

カレーを食す

あつしさんはブログを読んでくれてて僕が今カフェインを抜いていることを知ってたので、コーヒーではなくカレーの方をオススメしてくれて。

しかも炭水化物抜きダイエットをしているのも知っていて、「大丈夫大丈夫、タイ米だから!」と。

僕はこういう時は別に炭水化物摂ることに何も抵抗が無いので大丈夫なんだけど、そう言ってくれる気遣い嬉しいよね。

お味の方は、全然辛くは無いんだけど、スリランカスパイスの効いたカレーがタイ米とほんとに上手くマッチしていてめちゃんこ美味かったっす!

タイ米

そう言えばこのカレー食べてる時に、「タイ米って昔日本が米不足に陥った時に食べろって言われたイメージがついてるわー。カレーにすると結構美味しいね。」みたいなことを言ったんだよね。

そしたら、あつしさんとそこにいたお客さん(みんな若い)が「いやー、それ知らないんすよね。多分30代前半くらいだとみんな知らないんじゃないっすか?」と。

ま、マジかー!そんな昔だったっけ?

今ググったら1993年だったらしい。僕その時17歳。みんな10歳以上違うから7歳以下。幼稚園か保育園ってとこかー。そりゃちょっと分からんかもしれんなあ。

思いもよらぬところでジェネレーションギャップ感じたわ(笑)

まとめ

自身で映画を作って摂食障害の人達を救うという素晴らしいミッションを動かしながら、コーヒーとカレーに愛情と情熱を注いでいるふじもとあつしさん。

個展でカレー食べてる時にどんどん色んな人が入ってきて、そうした悩みを共有し、笑顔になってるその状況を目の当たりにして僕はなんかめっちゃ心打たれたよ。

もしよかったら、ぜひみんなもフジムケコーヒーに足を運んでみたり、彼の作った映画を見てくれたりしたら嬉しいす!

フジムケコーヒーFacebookページ

DieAter Documentary of Ed 摂食障害Facebookページ

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら