僕には人生で1つ、奇妙な出会いがあった。

僕が22歳、新入社員の頃の話である。

出会い

場所は大阪の外れのフリー雀荘。

僕の向かいの席に座ったその若いイケメンの男性はそこそこ麻雀が上手いものの、アツくなるとだんだん打牌に繊細さが無くなり負けていった。

「次のラス半で」と僕が店員に告げると、対面の彼も同じく「あ、僕もラス半荘で」と告げた。

次の半荘が終わり、僕が席を立つと同時に彼も席を立つ。そして一言。

「今から飲みに行かへん?」

居酒屋にて

その彼をCくんとしよう。

当時の僕は会社の寮住まいで、どうせ帰っても特にやることが無かったので、「ええよ、行こか」と快諾。

Cくんが「僕、美味い店知ってるんすよ」って言うから、言われるがままに雀荘の裏にある小さな焼き鳥屋に入ったのだった。

僕がそれまでいた東京の話、新卒で入って今働いている会社の話、Cくんの今の現状など、お互いそれなりに色んな話をした。。彼の年齢は僕の3つほど下だった。

Cくんは「俺は高卒や!今はプーや!たまに仕事するけど工場で作業とかやで?工場で8時間お弁当にタンポポ乗せてたら気狂いそうになるで(笑)」

まあそんな感じで、彼は自分の話をしてくれたのを覚えてる。

そしてお会計の時にCくんは言った。

「俺、金持ってへんねん」

それから

あの日は本当に不思議な日だった。

生まれて初めてオトコにナンパされて、ついていったら全額払わされるとは。

まあただの焼き鳥屋なので大した額ではなかったし、ボッタクリバーじゃなくてよかった。

さて、その日はそれでCくんと別れたわけだが、特に腹が立つこともなく、むしろ今までの人生で周りにいないタイプだったな、となぜか心地よい感じがした。

さて、それからのCくんだが、それで終わりではなかった。

「今日ヒマ?」

「麻雀せえへん?」

「今日プー仲間でカラオケ行くから一緒に行こうや」

そう、彼はヒマなのだ。なので仕事中だろうがなんだろうがしょっちゅう電話かけてくる。

僕も独身一人暮らしで時間もあったので、週末はよく彼らと一緒に遊んだものだった。

そうこうしているうちに、僕が1社目のW社を早10ヶ月で退職。

次の議員秘書は3ヶ月ほどで辞めることになり、3社目の会社で働くために東京へ。

バタバタと時間が過ぎてゆき、ふと気がつくと彼らとも自然と会わなくなっていた。

・・・

ある日の電話

東京に移ってから半年後、ある日突然Cくんから電話がかかってきた。

C「久しぶりー!元気?」

おお、なんか半年しか経ってないのに久しぶりな感じ。やっぱ人生が激動した時は色々なものが遠く感じる。

僕「久しぶりやなー。急にどうしたん?」

C「俺も東京に出ることにしたわ!」

僕「おお、マジか!じゃあまた遊べるやん!いつからくる予定なん?」

C「もう東京におんねん!」

僕「そうなんや!どこに住むん?」

C「おうつまくんちや!」

僕「!!!」

そう、なんと彼は僕に全く打診のないまま、僕のうちに住むことを決め、バッグ1つで上京してきたのだった。

僕「ちなみに今どこにおんの?」

C「おうつまくんちの最寄り駅のセブンイレブンや!」

僕「!!!」

駅前のセブンイレブンに行くと、Cくんがボストンバッグ1つで座って待ってるw

「まったくもう、、、」

そんなことを思いながらもここで追い返すわけにもいかず、僕は彼を家に迎え入れ、朝には想像だにしていなかった奇妙な2人暮らしがいきなりスタートしたのだった。

つづく

1 /  / 

スポンサーリンク
オープンチャットで更新情報をお知らせ
おうつまのオープンチャットに参加
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら