こないだのランチの時のこと。

一緒にランチしてる友人がいいとこに引っ越すという。

また、その友人は最近部署が変わった。

別の友人は転職を考えてるという。

そんな話を聞きながら僕はつい言葉を発した。

「俺、最近何にも変わってないわー」

そこでみんなから一斉に突っ込みが!

みんな「いやいや、顔!!顔変わったから!」

僕「き、気づかんかった!!!」

自分では気づかない

恐ろしいことに、あれだけビッグイベントだったにもかかわらず、自分では全く気づいてなかった。

一瞬にして当たり前の日常に溶け込んでしまっていて、自分にとって全く特別なことになっていなかった。

人の意識って面白いもんだなあ。

似た事例

これに似た事例が、

仕事で日常的に英語使いまくってる人が履歴書を書く時に「英語できます!」って全く書いていなかったり、

結構走り込んでる人が10㎞くらいしか走れないですねーって「10㎞も走れるんかーい」って突っ込んで欲しいのか本気なのかよく分からなかったり

毎日料理をするってことが料理できない人にとっては考えられないくらいすごいことだったり。

普通にノートに漢字で字を書いてることだって、外人さんから見たらすごいことだよね。

ほんと自分のことって気づかないんだよねー。

まとめ

僕も改めて自分のことってまだまだ見えてないなーって思った。

結局何が言いたかったかっていうと、自分のことは自分では本当に分かんないから、色んな人といっぱい話して、自分のいいとこ見つけていこうねってこと。

自分の強みが分かれば、人生はもっと楽しくなるもんね!

(関連記事)
湘南美容クリニック 目の下のたるみ取り体験記(決意時)

スポンサーリンク
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら