先日Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)にて初出版しました。

その際に感じたことは、「本当は本を書きたい人も多いんだろうけど、どうすれば出版できるのかその仕組みを知らないから出来ない人が多いのではないか」という事です。だって実際に僕も何にも知らないのに勝手にKDPの登録とかメンドクサイっぽいと感じていて、距離を置いていたから。

でも実際にやってみたらものすごく簡単で一気にハードル下がったので、みんなにもチャレンジしてもらえるよう、アカウントの設定方法を紹介をしていこうと思います。




スポンサーリンク

Kindle Direct Publishingにアクセスする

Kindle Direct Publishingはこちらからアクセス

アクセスしたら右上のボタンからサインインする。(いつも購入で利用しているアマゾンのアカウントでご利用できます)

右上部のアカウントより著者情報、銀行口座、税金情報を設定する

ログイン後、右上のアカウントより著者情報、銀行口座、税金情報を設定する必要があります。

著者/出版社情報

こちらは名前、住所、電話番号を入力すればOKです

支払いの受け取り方法

こちらは現在お使いの銀行口座(印税振込用)を登録します。
氏名、銀行、口座番号、支店番号を入力します。

税に関する情報

税に関する情報では必要情報がインタビューされます。

あなたについて

ここでは下記のように回答します。
・受益者の種類=個人
・米国の税法上、あなたは米国人ですか=いいえ
・ステータスは仲介人、代理人、橋渡しですか=いいえ

住所・氏名・国籍情報

次に税法上の国籍または居住国=日本、フルネームと住所を「英語で」入力します。

TIN情報

「米国以外のTINを持っています」にチェックを入れ、税制上の居住国から発行を受けた納税者IDを入力してください。

これはマイナンバーを入力すればOKです。ちなみにこれを入力しなければ、別途米国に30%の税金を支払わないといけません。

そののちサイン=名前を英語で入力すれば、設定完了です!

これで、基礎準備は完了しました!あとは本を書くだけです!

(関連リンク)
キンドルで出版を始めるまでに必要なこと(アカウント情報設定編)
祝!はじめてのKindle出版『麻雀でラスを取らないための30の基礎知識』

スポンサーリンク
オープンチャットで更新情報をお知らせ
おうつまのオープンチャットに参加
ツイッターで更新情報をお知らせ
スポンサーリンク
応妻!全記事リストはこちら
まなどん(妻)のブログはこちら